macOS 対応PowerDirector 365がリリース - ビデオ編集が簡単に

macOS 対応PowerDirector 365がリリース - ビデオ編集が簡単に

Cyber​​Linkは、macOS用のビデオ編集ソフトウェアPowerDirector365を発売した。キーフレーム、マスク、ブレンディング、タイトルデザイナーなどの便利な機能を提供する。同時に使いやすくもなった。このアプリはサブスクリプションベースで、このプランでは、効果音、アニメーションタイトル、トランジション、BGM、LUTなどのすべてのCyber​​Linksデザインパックに無制限にアクセスできる。

CyberLinkは1996年に設立された台湾のソフトウェア会社で、Windows PCとモバイルプラットフォームに対応するマルチメディアアプリを長年にわたってリリースしてきた。今回同社は、macOSを搭載したAppleコンピューター用のPowerDirector365をリリースした。以下はその機能。

macOS対応PowerDirector 365

PowerDirector365は同社の主力ビデオ編集ソフトウェアだ。従来まで、このアプリはWindowsと、AndroidおよびiOSモバイルデバイスでのみ利用可能だった。今回macOS対応のPowerDirector365がリリースされた。

PowerDirector 365 UI. Source: CyberLink

PowerDirectorは、ビデオ編集ツール、組み込みエフェクト、およびキーフレーム、マスク、ブレンディング、タイトルデザイナーなど多くの便利なツールを搭載している。同時に、このアプリは簡単に学習できるユーザーフレンドリーなインターフェイスを持つ。したがって、初心者や、それほど頻繁に編集しないユーザーにも適している。

名前が示すように、このソフトウェアは365サブスクリプションとして提供され、効果音、アニメーションタイトル、トランジション、BGM、LUT、および芸術的なテンプレートのすべてのCyber​​Linkデザインパックへの無制限のアクセスが可能だ。サブスクリプションにより、毎月新しいデザインパックが提供される。

Unlimited Access to Stock Library. Source: CyberLink

PowerDirectorは、以下のPrecision DesignToolsを提供している。

  • ビデオコラージュデザイナー
  • PiPデザイナー
  • タイトルデザイナー
  • 字幕ルーム
  • クロップ、ズーム、パンツール
  • ブレンドモード
  • マスクデザイナー
  • エフェクトルーム
  • 速度制御
  • キーフレーム設定
  • トランジションルーム

ユーザーは、次のようなビデオ編集機能を利用することもできる。

  • ビデオプリカット
  • マルチサンプルクロマキー
  • 画像シーケンス生成
  • 歪み補正(レンズ、色)
  • 4Kビデオ編集プレビュー
  • オーディオスクラビング
  • ライブラリプレビュー
  • 特大サムネイルプレビュー
  • タイムラインの逆順序
  • ライブラリとタイムラインのドッキングを解除

価格と発売時期

前述したように、PowerDirector365はサブスクリプションベースのソフトウェアで、2,980円の月額プラン、または12か月間8,480円の年額プランが選択できる

さらに、Cyber​​Linkではホリデーセールを実施している。PowerDirector365の年間プランは2020年12月9日まで6,200円で利用できる。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する