ブラックマジックデザインがDaVinci Resolve 17をリリース

ブラックマジックデザインは、NAB2019でDaVinciResolve 16を発表し、10月にリリースした。 その後、NAB 2020はキャンセルされ、この時はバージョン17の発表は見送られている。そして今回 DaVinci Resolve 17がようやくリリースされることとなった。

DaVinci Resolve 17アップデートで、いくつかの新機能と改善が追加された。以下、主なものを列挙する。

カラーコレクション機能のアップデート

ハイダイナミックレンジグレーディングは、ゾーンベースのコントロールによって大幅に改善された。新しいカラーラッパーツールを使用すると、グリッドディスプレイのポイントをドラッグして、色相、輝度、彩度を調整できる。

マジックマスクはAIベースのマスキングツールで、数回クリックするだけで人物や事前に指定された被写体を追跡できる。 また、DaVinci YRGB管理ワークフローが簡素化された。スコープとカラーホイールのUIが改善され、 11個の新しいツールがエフェクトパレットに追加された。

また、アドバンストパネルのユーザー向けにキーキャップアップデートをリリースし、ハードウェアパネルに新機能が表示されるようになった。

Fairlightページのアップデート

エディットセレクションツールが改善され、タイムラインの再生およびナビゲーション中でも、クリップをより適切に、より応答良く、より迅速に操作できるようになった。またキーボードショートカットが追加され、編集および選択ツールにすばやくアクセスできるようになった。更にトランジェント検出により、オーディオ編集ポイントをより速く見つけることができるようになった。没入型ドルビーアトモスマスターファイルの処理が追加され、モニターとダウンミキシングが可能になり、AAFインポートも可能になった。 フレックスバスは、複雑なミキシングとマスタリングに非常に高い柔軟性を提供する。トラックをリンクする機能も追加された。オートメーションツールセットが更新され、クリップにフォローする。これは、クリップを移動する場合に最適だ。

同社はエントリーレベルのFairlight デスクトップコンソールも導入した。モニターをコンソールに接続して、大きなコンソールと同じようにUIを表示できる。フェーダーはタッチコントロールでき、電動式でオールメタル。コンソールは年末に397,800円(税別)で発売される。

Fairlight Desktop Console
Fairlight Desktop Console. Image Credit: Blackmagic Design

Fairlight HDMIモニターインターフェイス(現在税別27,980円で入手可能)を使用すると、16:9のディスプレイでFairlightユーザーインターフェイスを表示できる。 同社は、独自のFairlightデスクを構築するユーザーのために、Fairlightコンソールを特注のスタジオ家具に収納するためのさまざまな取り付けバーを提供している。

Cutページのアップデート

パレットにも変更が加えられた。トランジションパレットは、多くのトランジションタイプのグラフィック表現になり、新しいトランジションも追加された。エフェクトパレットタイトルパレットも同じように変更されている。

タイムラインではクリップが挿入されたとき、またはトランジションのあるクリップが移動されたときに、トランジションが保持されるようになった。インスペクターも作り直され、より整理された。

ビンデバイダーとより適切な並べ替えにより、メディアの整理が改善された。インスペクターでのメタデータ入力が可能になり、ソーステープモードでは、クリップのメタデータまたは実際のファイルの場所に基づいて、リージョンに焦点を合わせることができるようになった。

新しいメタデータビューがソースメディアペインに追加された。このビューでは、サムネイルとメタデータが同時に表示される。

クリップの再リンクが改善された。複数のクリップで、ディスク上で移動されたメディアを再リンクできる。

メディアマネージャーが実装されているため、1つのタイムラインで使用されるすべてのメディアを「トリミング」して共同編集者に送信できる。元のメディアまたはトランスコードされたクリップを含めるかどうかも選択できる。

Speed Editor

カットページ用に設計された専用キーボード、 DaVinci Resolve SpeedEditorも導入された。これは、パソコンとBluetoothで接続し、キーボードと連携して機能する。 ジョグ/シャトルホイールと大きなIn/Out Pointキー、および専用のファンクションボタンにより、直感的な編集が可能だ。このキーボードは、昔のアナログビデオ編集の感覚でNLEを使うことができる。マルチカム編集の場合、これは非常に有用かもしれない。 SpeedEditorは35,980円(税別)で購入できる。

DaVinci Resolve Speed Editor
DaVinci Resolve Speed Editor. Image Credit: Blackmagic Design

Editページのアップデート

マルチカムクリップの同期が大幅に改善された。Neural Engineにより、インターレース映像とデ・インターレースの処理が改善され、インターレースタイムラインもサポートされた。 スマートリフレームを使用してタイムラインのアスペクト比を再フォーマットすると、ソーシャルメディア用のアスペクト比が実現できる。これは、Neural Engineによっても支援される。クロマキーなどの一般的なエフェクトは、編集ページから利用できるようになった。また、エフェクトライブラリに、エフェクトをプレビューする機能が追加された。たとえば、コーナーピンコラージュなどの新しい必須エフェクトも追加された。

プロキシワークフローも簡素化され、高解像度のフッテージを簡単に編集できるようになった。また、プロキシメディアをプロジェクトアーカイブに追加できるようになった。

Fusionページのアップデート

ここで重要なのは、オーディオの再生と波形だ。これにより、以前よりもはるかに簡単にサウンドをアニメーション化できる。 Fusionコンポジションは、EditページとCutページでプラグインまたはテンプレートとして使用できる。そうすることで、後で編集者がカスタマイズできるエフェクトをデザインできる。

モーショングラフィックデザインまたはタイトルシーケンスのベクターシェイプを作成するために、シェイプノードがFusionに追加された。

標準のトランジションをFusionで編集できるようになった。変更されたトランジションは、さらに使用するためにテンプレートとしてエクスポートすることもできる。

EditページのタイムラインマーカーがFusionページに表示し編集できるようになった。また、高度なオプティカルフローにより、リタイミング効果が高速化される。

コラボレーション

Resolveのコラボレーションツールを使用すると、編集者、アニメーター、FXアーティスト、サウンドミキサーなどが1つのプロジェクトで同時に作業できる。バージョン17で、Studioバージョンと無料バージョンでこのツールを無料で利用できる。

無料アップデート

DaVinci Resolve 17のベータ版が利用可能になり、最終バージョンを無料で使用できる。ただし現在はベータ版なので、仕様には注意が必要だ。

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する