ブラックマジックデザインがDaVinci Resolve 16.2をリリース

ブラックマジックデザインがDaVinci Resolve 16.2をリリース

Blackmagic Designは、 DaVinci Resolve 16.2をリリースした。ほとんどの改善点はオーディオエディターFairlight関連となっている。また、Video Assist 5″ / 7″ 12G HDRモニター/レコーダーのファームウェアアップデートもリリースし、パナソニックEVA-1およびキヤノンEOS C300 Mark II用のBlackmagic RAW記録機能を追加した。

BMUpdate16_2_03

Image credit: Blackmagic Design

Video Assist 3.1アップデート

Video Assist 3.1のファームウェアアップデートがリリースされた。このアップデートは、Video Assist 5″ / 7″ 12G HDRモニターレコーダーに関するもの。このファームウェアアップデートの追加/改善機能は次のとおり。

  • Blackmagic RAW記録を追加。
  • デジタルスレートを追加。記録時にカメラのメタデータをファイルに埋め込む。
  • 一部のカメラとのHDMI接続を改善。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の更新。

また、EVA1およびC300 Mark IIでは、Video Assist 12G HDR でBlackmagic RAWのサポートが可能になった。

このファームウェアの更新で、Blackmagic RAWはバージョン1.7に更新され、EVA1およびC300 Mark IIでBlackmagic RAWファイルのサポートが追加された。更に、Blackmagic RAW 1.7は、Adobe Premiere ProでBlackmagic RAWプラグインのパフォーマンスを改善する。

どちらのアップデートも、同社のサイトから現在無料でダウンロードできる。

BMUpdate16_2_01

Image credit: Blackmagic Design

DaVinci Resolve 16.2

DaVinci Resolve 16.2もリリースされたが、ほとんどの変更はFairlight関連で、オーディオエディタに関するもの。変更点と改善点のリストは次のとおり。

Fairlightタイムライン編集ツールセットの改善:

  • 新しいマウスおよびキーボードベースの編集ツールセット。
  • ユーザーが調整可能なトラックごとのスケーラブルな波形表示。
  • キーボードショートカットに、フェード、カット、選択、移動が追加。
  • クリップをドラッグしてコピーするalt / optionのサポート。
  • タイムライン全体でのクリップの貼り付けのサポート。
  • 個々のオーディオクリップをファイルにバウンスするためのサポート。
  • 修飾子を使用してオーディオクリップを個別のトラックにドラッグするサポート。
  • 修飾子を使用してオーディオクリップを特定の位置にドラッグするサポート。
  • マルチチャネルトラックをリンクされたグループに変換するためのサポート。
  • オーディオ編集をフレーム境界に揃えるユーザー設定のサポート。
  • すべてのオーディオ編集をフレーム境界にトリムするアクションのサポー

Fairlightサウンドライブラリ

  • Foleyエフェクト用のFairlightサウンドライブラリインストーラーのリリース。
  • サウンドライブラリのメタデータの検索と表示のサポート。

エフェクトとプラグイン管理の改善

  • AUおよびVSTオーディオエフェクトのタイプとカテゴリでの自動ソート。
  • お気に入りのオーディオプラグインがミキサープラグインリストの上部に表示されるようになった。

没入型オーディオサポート:

  • DaVinci Resolve StudioでのMPEG-Hおよびモニタリングのサポート。
  • パンとバランスの改善。

トラックインデックスの改善:

  • Fairlightページでの編集インデックスのサポート。
  • トラックインデックス内でのトラックの選択、ミュート、ソロ、およびレコードのコントロール。
  • トラックインデックス内のオーディオトラックの並べ替えをドラッグアンドドロップで行う。

AAFインポート/エクスポートの改善:

  • 既存のタイムラインでAAFシーケンスを新しいトラックとしてインポート。
  • 既存のタイムラインへのオフセットを持つAAFシーケンスのインポート。
  • リンクされたグループとしてAAFからマルチチャネルトラックをインポート。
  • 埋め込みAAFをエクスポートするときのブロードキャストWaveファイルサポート。
  • AAFファイルでのオーディオクロスフェードとフェードハンドルのエクスポート。

オーディオミキシングの改善:

  • クリップEQでのノッチフィルターサポート。
  • 新しいFairlightFXメーターのサポート。
  • 新しいFairlightFX LFEフィルターのサポート。

Fairlight Audio Editorの改善:

  • 上下にパンするための専用コントロールを追加。
  • クリップEQの編集を追加。
  • クリップEQのコピーと貼り付けを追加。
  • クリップEQのプリセットの作成と適用を追加。
  • プラグインパラメーターの追加、管理、およびカスタムマッピングを追加。
  • 相対的なクリップレベルの変更を追加。
  • クリップレベルを1にリセットするサポート。
  • フェード形状の編集とフェードの削除を追加。
  • ユーザー定義のトラックビュープリセットの保存と呼び出しを追加。
  • デスクトップオーディオエディターからのレイヤードオーディオ編集の有効化を追加。
  • エディターパネルまたはコンソールから自動化曲線を選択する機能を追加。
  • トラックが選択されていない状態でトラック選択を移動するときの動作を改善。
  • タイムコード入力の改善と高フレームレートタイムコードを追加。
  • 相対タイムコード値の入力を追加。
  • コロンキーを使用したタイムコードエントリへの00の挿入を追加。
  • コンソールフェーダーでのマスタースピルを追加。
  • マウスまたはオーディオエディターを使用した微調整。
  • メディア左およびメディア右選択キーを追加。
  • テキストのみのラベルモードを追加。
  • 従来のFairlightキーボードレイアウトを追加。
  • 従来のFairlightプロジェクトのインポートのサポートを改善。
  • 従来のFairlightプロジェクトからのEQ、自動化、およびフェードのインポートの改善。
  • 大規模なレガシーFairlightプロジェクトをインポートするときの速度が向上。

編集機能の改善:

  • 多数のトラックがある大きなタイムラインに切り替えるときのパフォーマンスが向上。
  • •タイムラインのインアウト範囲から複合クリップを作成する機能を追加。
  • •ビデオ編集のライブ上書き中のタイムラインオーディオのプレビュー機能を追加。
  • •マルチカムビューアーからタイムラインへの編集機能を追加。
  • •カットページでの編集中のクリップ継続時間表示の更新機能を追加。
  • •移行期間の変更ダイアログを追加。
  • •ビューアーでのフレームまたはタイムコード形式での表示機能を追加。
  • •編集ページでのFusion移行テンプレートを追加。
  • •編集ページでのFusionジェネレーターテンプレート機能を追加ト。
  • •共同プロジェクトのシステムごとのタイムラインビュー機能を追加。

メディアプールの改善:

  • 最大24トラックのサポートにより、オーディオトラックメタデータのサポートを改善。
  • •ソースビンに配置される複製されたクリップとタイムラインのサポート。
  • •追加日によるメディアプールクリップのソート。
  • •メディアプールリストビューでの同期されたオーディオファイル名の表示。
  • •スマートビンからクリップのメディアプールでの場所を表示機能を追加。
  • •クリップとタイムラインを複製するためのメディアプールコンテキストメニューを追加。
  • •メディア管理コピーを繰り返すときの追加ファイルのみのコピーを追加。

カラーグレーディングの改善:

  • 共同プロジェクトの安定性と使いやすさの改善。
  • キーワードおよび人物メタデータタグに基づくスマートフィルターを追加。
  • 数値を使用したプライマリグレード値の変更を追加。
  • ビデオレベルでモニターする場合の範囲外データの保持。
  • ノードグラフ入力でのFusion MediaOut名のツールチップを追加。
  • フレームデータバーンインオプションを追加。
  • 個々のクリップレンダリングの出力サイズとブランキングを無効にする機能の追加。

スコープの改善:

  • ビデオレベルとデータレベルでスコープを表示する機能を追加。
  • HDRスコープを使用する場合のHLGガンマを追加。
  • スコープ内のカラービューアーの強調表示を追加。

コーデックの改善:

  • Blackmagic RAW SDK 1.7のサポート。
  • オーディオのみのタイムラインのレンダリングのサポート。
  • 32ビット浮動小数点オーディオのデコードのサポート。
  • H.265クリップをデコードするときの色空間とガンマのサポートが改善されました。
  • 圧縮方式に基づいたEXRコーデック名の表示のサポート。
  • レンダリング設定での色空間とガンマタグのオーバーライドのサポート。
  • RED SDK 7.2.1のサポートとKomodoカメラからのクリップのデコード。
  • RED Camera Raw設定での2つの新しいパラメーターのサポート。
  • ACESプロジェクトのREDWideGamut Log3G10 IDTのサポート。
  • Canon EOS-1D X Mark IIIカメラのサポート。
  • QuickTimeクリップでのu-Lawオーディオのデコードのサポート。
  • バイパス再エンコードオプションによるアルファチャネルクリップのサポート。

スクリプト、API、および全般的な改善:

  • デュアルスクリーンモードでウィンドウとしてプライマリスクリーンを実行する機能を追加。
  • 開いているプロジェクトを閉じる機能を備えたスクリプトAPIの改善。
  • メディアプールクリップのフレームレートを設定するためのスクリプトAPIを改善。
  • 順序付きリストを返す新しいスクリプト関数のサポート。
  • Fairlightページでのビデオモニタリングの進みと遅れのサポート。
  • Fairlight Audio InterfaceでのGPI / GPO制御のサポート。
  • 複数のパフォーマンスと安定性の改善。

DaVinci Resolve 16.2は無料で、Apple App Storeまたは同社のWebサイトからダウンロードできる。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する