RØDE NTG5レビュー - 手頃な価格のショットガンマイク

2020.8.20
RØDE NTG5レビュー - 手頃な価格のショットガンマイク

Rodeは好評のNTG3 ショットガンマイクの後、より小型でより手頃な価格のNTG5を発売した。この記事はNTG5のレビューをレポートする。

より小さく、軽くなったNTG5

RØDEはオーストラリアのマイクをはじめとするオーディオ専門メーカー。 NTG3と比較すると、NTG5は約50mm短く、203mmの長さ。重量はわずか76gで、NTG3のほぼ半分だ。しかし、アクセサリキットを含めると、20%安価だ。これらを考えると、NTG5はかなり期待できるマイクだ。

NTG5はブラックコーティングで頑丈に見え、手によく馴染むデザインになっている。またアルミ製で軽量化を実現している。本体のデザインはよくできており、周波数応答は優れているようだ。また、黒いデザインはRØDEVideoMic NTG、NT-SF1 Ambisonic、RØDETF-5ペンシルマイクと一致する。これは、RØDEの新しいイメージコンセプトのようだ。

New NTG5 microphone with accessories. Source: RØDE

NTG5には、「connbox」デザインのピストルグリップショックマウントとXLRケーブル、シンプルなマイククリップマウント、フォームウインドシールド、WS10「ソフト」スタイルのウインドシールド、および小さなポーチバッグが同梱されている。これらのアクセサリはすべてよくできており、堅牢に作られている。

  • RFテクノロジーとは?

RFは無線周波数を表す。この種の技術は、HF-高周波技術とも呼ばれる。 AF –オーディオ周波数またはLF –低周波テクノロジーでは、コンデンサーカプセルの静電容量の変化は直接オーディオ信号に変換されないが、FMまたはAM変調で発振器生成高周波(無線周波数)信号によって変調される。この信号はすぐに復調され、非常に低いインピーダンスでオーディオ信号を再現する。マイク内部に超小型のワイヤレストランスミッターとレシーバーがある。

インピーダンスが非常に低く、RF電圧が低いため、RFコンデンサーマイクは、DCバイアスマイクに問題を引き起こす可能性がある湿度の高い気象条件でも使用できる。また、無線信号への干渉がはるかに少なく、極端な温度下でも安定している。

Sennheiser MKH-8060 and Rode NTG-5, Credit: Cinema5D

ゼンハイザーMKH-8060との比較

NTG5には最高級のマイクに採用されている特徴的な機能がある。

Sennheiser MKH-8060の価格は2倍以上。

RØDENTG5とゼンハイザーMKH-8060は両方ともRFコンデンサーマイクのため、25オームの出力インピーダンスを持つ。 RØDENTG5の最大音圧レベルは130dB SPLであり、ゼンハイザーMKH-8060より1 dB高く、RØDENTG5のノイズフロアは10dB SPL(A-Weighted)で、ゼンハイザーより1 dB低くなっている。つまり、RØDENTG5は1 dB大きい音量で処理でき、ノイズが1 dB少なくなる。人間の耳は1dBの違いを認識できないが、現場の状況により効果的な場合がある。

RØDENTG5の消費電流は48Vファントム電源で2mAであり、ゼンハイザーMKH8060より1.3mA少ない。カメラセンサーなどと比較すると、これは非常に少量だが、このマイクをZoom H5などのモバイルレコーダーで使用している場合、バッテリーの消耗は抑えられる。

以下はRØDENTG5のポーラーパターンと周波数応答特性。

RØDE NTG5 Polar Pattern and Frequency Response
Source: RØDE Microphones

音質

ここでは、最も重要なサウンドについて説明する。

音は非常に主観的なもので、「自然な音」または「温かい音」の定義は人によって異なる。ただし、サウンドには一種の「業界標準」がある。これは、テレビで毎日聞くものだ。したがって、オーディオのプロや映画製作者が選択したゼンハイザー、Schoeps、DPA、あるいはRØDEのマイクが主に使用されている。これには2つの理由がある。1つは、プロのユーザーがこれらのマイクの音をよく知っており、それらの扱い方が周知されていることだ 。第二に、聴衆の耳はこれらのマイクからの音に対して慣れている。

RØDENTG5のレビューに戻ると、長年にわたり、RØDEはエントリーレベルおよびミッドレベルの市場でマイクを提供してきた。ほとんどすべての映画製作者やオーディオの専門家は、自分のマイクを持っている。 RØDENTG3は、その価格帯で最も人気のあるショットガンマイクの1つだった。これらの経験と業界で証明された音質を考えると、価格の面では、RØDENTG5以上の選択肢を見つけるのは難しいだろう。

ゼンハイザー MKH-8060と比較した音質

ゼンハイザーMKH-8060は、伝説的なMKHファミリーの最新モデルだ。 MKH-416ショットガンマイクは、何十年もの間業界標準だった。筆者はRode NTG5をSennheiser MKH-8060のバックアップおよびオンカメラマイクとして使用することを検討していたため、スタジオとフィールドの両方で、NTG5をMKH-8060と並べてテストした。

軸外の音質

筆者のテストは、音の軸外の音色と、マイクが実際の撮影でどのように機能するかうぃ調べることだった。完璧な角度と距離で良い音を出すだけでは、万能のショートショットガンマイクとしては十分ではない。重要なのは、軸外の音だ。マイクがカメラに取り付けられている場合、音源は軸外から来ることがよくある。優れたオールラウンドのショットガンマイクは、自然に聞こえるだけで、音に色を付けたり、ディテールを失うことはない。

Audio Comparison Clips

ここで比較のためのオーディオクリップを聞くことができる。

音の比較

これは、ゼンハイザーMKH-8060とRØDENTG5の純粋なサウンド比較だ。両方ともZoom H-5ハンドヘルドレコーダーに直接接続し、音源まで同じ距離に設定されている。音源はマイクの前から始まり、マイクの周りを一周した。

こちらがオーディオクリップ。聞いて、どちらが適しているかを判断できる。筆者には、MKH-8060は軸外の色が少し少なく感じるが、NTG5の方が後方音の除去が少し優れているようだ。どちらも非常に良い音で、音源が正面にあるときは非常によく似ている。

現場で

一部のドキュメンタリーの撮影では、メインのショットガンマイクとしてNTG5を使用した。雨天やほこりのような状況でも、予想どおり、問題なく機能した。

あるシーンでは、マイクはIH調理プレートに非常に近かった。IH調理プレートがフルパワーで動作したので、マイクとの干渉が起こった。

しかし、このわずかなノイズ干渉を除いて、NTG5はテスト中にさまざまな気象状況下で問題なく機能した。それはゼンハイザーMKH-8060に非常に近く、ブームでタレントの声を収録する場合、正しく収録できていることを判断するのが非常に簡単だった。小型で軽量なため、ブームポールでの長時間のインタビューでも楽だった。NTG5は雨やホコリに強いので、雨の日も屋外で安心して使用できる。

Rode NTG-5 in real world test, Credit: CineD

NTG5の弱点

RØDENTG5の良い点は多くあるが、弱点に関してもレポートしておきたい。

アルミニウム製、ハンドリングノイズに対する感度

マイクはアルミニウムでできているため、極端な状況ではRF干渉が発生する可能性がある。非常に軽量なショートボディ設計のため、状況によってはノイズが問題となる。

プラスチック製ピストルグリップ

ピストルグリップはプラスチック製で、ハンドリングノイズを完全に遮断できない。プロのブームポールを使用したテストでは、Cinela Pianissimoサスペンションシステムと比較してより高い周波数範囲でより多くのハンドリングノイズが確認できる。ただし、Cinela Pianissimoサスペンションシステムはほぼ1000ドルだ。

風感度

また、高感度と短いボディ設計により、風に非常に敏感だ。屋外で撮影する場合は、ある程度の防風が必要となる。フォームウインドスクリーンは屋内でのみ使用できる。

まとめ

ビルド品質と音質に何して多くのテストとゼンハイザーMKH-8060との比較行ったが、RØDENTG5マイクはその価格も含め非常に優れている。 RØDEは、極めて低価格で業界標準になる可能性のあるマイクを作った。 このマイクは、今のところ、この価格帯で最高のオールラウンドショートショットガンマイクだ。

Leave a reply

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する