SamyangがAF 14mm EFを発表 - EFマウント用オートフォーカス対応レンズ

2018.1.14
SamyangがAF 14mm EFを発表 - EFマウント用オートフォーカス対応レンズ

Samyang(サムヤン)は同社初のキヤノンEFマウント用オートフォーカスレンズAF 14mm f / 2.8 EFを発表した。この広角レンズは、同社のオートフォーカス技術を使用して開発されており、フルフレームとAPS-Cセンサーサイズに対応する。

Samyang AF 14mm

SamyangはソニーEマウント対応のオートフォーカスレンズを発表しているが、EFマウントの対応に関しては未定だった。マニュアルプライムレンズでコスト効率の高さが知られ、ソニーのミラーレスカメラ対応のオートフォーカスレンズシリーズもマーケットに浸透してきた。

そして今回発表されたSamyang AF 14mm f / 2.8 EFは、同社初のキヤノン EFマウントのオートフォーカスレンズだ。Eマウントにはフランジバックが短いため、対応していない。

これはフルフレームレンズなので、キヤノン5Dなどでは14mm、APS-Cカメラでは約22mmとなる。また、防塵防滴性も確保されている。

画質に関しては、従来の同社のオートフォーカスレンズと変わりない。赤い線の入ったフォーカスリングは広い回転範囲を持っており、正確なフォーカシングができる。 同社のEマウントオートフォーカスレンズとの違いは、オートフォーカスOn/Offスイッチだ。

同社の他の広角レンズもそうだが、AF 14mm f / 2.8 EFの花形フードは取り外しできない。またフィルター用のネジ溝も切られていない

「10群15枚のレンズ、7枚の特殊光学レンズを使用しています。 2枚の非球面レンズ、4枚の高屈折レンズ、1枚の超低分散レンズを使用することで、歪みやさまざまな収差を最小限に抑え、クリアな解像度を実現します。」

このレンズは従来のマニュアルフォーカス14mmを多少再構成して作成されている。従来のワイドアングルは微妙な歪みがあったが、この新しいレンズでは解決されていることが望まれる

主な仕様

  • 絞り範囲:F2.8-22
  • マウント:キヤノンEF
  • 構成: 10群15枚
  • コーティング:UMC
  • MFD:0.20m
  • 倍率:x0.15
  • フィルター:なし
  • 絞り羽羽根:7枚
  • センサーサイズ:フルフレーム/ APS-C
  • 長さ:95.6mm
  • 重量:485g

2018年2月発売予定で、価格は約699ユーロの予定。

Leave a reply

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する