SANDMARCがiPhone 12シリーズ用レンズとフィルターを発売

SANDMARCがiPhone 12シリーズ用レンズとフィルターを発売

スマートフォンアクセサリーの専門メーカーSANDMARCは、iPhone12の全モデルに対応したレンズとフィルターの新ラインナップを発売した。これらのレンズやフィルターは付属のケースに取り付け、フィルターマウント、アナモフィック、望遠、広角、またはマクロレンズを選択して使用できる。

SANDMARCは、iPhone、DJI、および GoProカメラ用のアクセサリを開発している。iPhone 11シリーズアクセサリアナモフィックレンズアダプター、そしてiPhone用の可変NDフィルターについては既に記事をリリースしている。

iPhone 12シリーズ用レンズとフィルター

SANDMARCフィルターとレンズを使用するには、特定のケースにiPhone 12シリーズスマートフォンを入れる必要がある。

The SANDMARC Minimal Case with the iPhone 12 Pro Max. Image credit: SANDMARC

このケースは非常に薄いゴム製で、iPhone12のカメラの後ろにアルミニウム製のネジ山がある。

スマートフォンをケースに入れたら、フィルターケースマウントにレンズやフィルターを直接取り付けることができる。

Image credit: SANDMARC

現在、5種類のレンズが使用できる。

  • 1.33xアナモフィックレンズ
  • 2倍望遠レンズ:iPhone 12 ProMaxには5倍ズームがあるため、 SANDMARC望遠レンズを取り付けると60mm相当のレンズになる。
  • 内蔵のiPhoneのカメラよりも2倍広角のレンズ
  • 5倍幅の魚眼レンズ
  • マクロレンズ

すべてのレンズはアルミニウムとマルチコーティングされたガラスでできている。内径17mm、外径40.66mmで、すべてのレンズは同社のドラマ/スケープ/ハイブリッドフィルターと互換性がある。

Image credit: SANDMARC

なお、ケースはフィルターケースマウントと互換性があり、モーションバリアブルNDフィルターなどのさまざまなフィルターが使用できる。

価格と発売時期

すべてのSANDMARC iPhone12シリーズレンズとフィルターは発売済み。各レンズキットには、レンズ、iPhoneケース、クリップマウント、フロント/バックキャップ、ポーチが同梱されている。

価格は、マクロレンズエディションとフィッシュアイレンズエディションが89.99ドル、望遠レンズエディションと広角レンズエディションが99.99ドル、アナモフィックレンズエディションが129.99ドルから。他のバンドルも用意されている。

詳細については、SANDMARCのWebサイトをご覧いただきたい。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する