「Skydio 2」ドローンが写真測量で自律的に3Dモデルを構築

「Skydio 2」ドローンが写真測量で自律的に3Dモデルを構築

自律型ドローン「Skydio 2」を製造するカリフォルニアのSkydio社は、VFXに使えるリアルな3Dモデルを作ることができるツールを提供している。

写真測量とは、写真を使って物体間の距離を測ったり、地図を作成したりすること。まず、対象物や空間をあらゆる角度から撮影し、これらの写真をつなぎ合わせて3Dオブジェクトを生成する。スカイディオでは、これを「デジタルツイン」と呼んでいる。ドローンによる写真測量は、主に企業レベルで使用され、インフラの検査や建設作業から、事故の再現まで、様々な用途に使われている。

しかし現在のテクノロジーの素晴らしいところは、さまざまなことに利用できることだ。例えば、「ハウス」のシーズン5のプレミアを撮影するために、ビデオ機能を備えたカメラを使ったり、ザック・スナイダー監督の『アーミー・オブ・ザ・デッド』で、ドローンによる写真測量でラスベガスを再現したように、だ。

Skydio 2 –

Skydio 2 自律型ドローン

2021年6月初め、Skydio社は自律型ドローン「Skydio 2」と組み合わせて使用するオプションのソフトウェアパッケージ「3D Scan」をリリースした。このドローン自体は、スポーツや映画館での使用、ホビーやプロのユーザー向けに販売されている。スターターキットの価格はわずか1,349ドルだ。

Skydio 2 Autonomous Drone Starter Kit. Image Credit: Skydio
Skydio 2 Autonomous Drone Starter Kit. Image Credit: Skydio

なお、ドローンのレビューはこちら。ここでは、Skydio 3D Scanを見てみよう。

Skydio 3D Scan

この新しいソフトウェアは、適応型マッピングエンジンを使用しており、Skydio 2が自律的に高品質な3Dモデルを構築するのに役立つ。そのモデルをもとに写真測量スキャンを計画し、設定に応じて数十枚から数百枚の写真を撮影する。

そして、何よりも素晴らしいのは「Skydio 2」は、これらの作業をすべて自律的に行う。

通常のドローンやカメラ、あるいはスマートフォンを使ってフォトグラメトリー・スキャンを行うことも可能だが、Skydio 2はより速く、ロボットのように正確に作業を行うことができる。Skydioは、現実に表現されるピクセルの大きさである1ピクセルあたり最大0.5ミリのGSD(グランドサンプルディスタンス)を謳っている。また、2つのAR(拡張現実)機能により、ワークフローの効率化とスキャンエラーの低減を実現した。ARカバレッジでは、ドローンが既に撮影した写真を確認することができ、ARオブザーバーでは、3Dシーンを使ってドローンの位置をリアルタイムで確認することができる。

Photogrammetry Scan of Semi-Conductor Facility by Skydio 2. Image Credit: Skydio
Photogrammetry Scan of Semi-Conductor Facility by Skydio 2. Image Credit: Skydio

Skydio社の3Dスキャンソフトウェアは、ドローン1台につき2,999ドルからの年間契約で入手することができる。映像クリエーターにとっては高額に思えるかもしれないが、小規模なVFXハウスのスタジオであれば、この技術を使ってハリウッドレベルのセットをわずかな費用で作成することができる。

フォトグラメトリーとBlender

VFXや3Dモデリングに携わる人なら、Blenderの名前を聞いたことがあるだろう。オープンソースの3DモデリングプログラムであるBlenderは、完全に無料で、ユーザーが自由にカスタマイズできる。独立した公益団体であるBlender Foundationによって管理されているBlenderは、約20年間にわたって継続的に開発・更新されてきた。現在では、Autodesk社やThe Foundry社など、業界をリードするソフトウェアパッケージに匹敵する機能や性能を備えている。デヴィッド・F・サンドバーグ監督は、自身の映画『アナベル:クリエイション』のVFXショットの作成にもBlenderを使用している。

ただし、ドローンで撮った写真をBlenderで使用する前に処理する必要がある。ありがたいことに、月々39.99ドルのReality Captureや無料のMeshroomなど、オープンソースや予算に応じた選択肢がある。写真測量のワークフローについては、YouTubeのPeter France氏が詳しく解説している。

Reality CaptureやMeshroomは、Skydio 2の写真からVFXに適したメッシュを作成し、そのメッシュをBlenderに入れる。

Blenderの中で想像できることなら何でも、Skydio 2 and 3D Scanはその自律的な機能でVFX全体の仕事が可能だ。

ラスベガスの「アンデッド」のフォトグラメトリー

Skydio 2と3D Scanが1人のオペレーターでできることを、VFXスーパーバイザーのMarcus Taormina氏と彼のチーム12~14人が12日間かけて行った。ザック・スナイダー監督の『アーミー・オブ・ザ・デッド』でラスベガスのストリップを再現しようとしたとき、VFXチームはLiDar、Phase ONEデジタル中判カメラ、シザーリフト、ドローンを使って同様のフォトグラメトリーを完成させた。

確かに規模やワークフロー、解像度に違いはあるが、Army of The DeadとSkydio 2の基本的なプロセスは同じだ。たくさんの写真を撮って、それをつなぎ合わせて、3Dモデルを作る。Skydioの新技術の素晴らしいところは、個人でもこれができるようになったことだ。

ベッドルームでハリウッドVFX

ハリウッドのスタジオでできることと、自宅のベッドルームでできることには、必ず違いがある。レンタル専用のカメラパッケージを使用したクルーは、スマートフォンを一つの個人よりも多くのことを達成することができる。しかし、その差がどんどん縮まっていく時代になっている。Skydio 2は、Marcusと彼のVFXチームが『Army of The Dead』で実現したようなレベルの品質を実現することはできないかもしれないが、それに近いものを得ることはできる。後はあなたの想像力だけだ。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する