SLR Magicの50mm f/1.1 Cine Version IIレンズ

SLR Magicの50mm f/1.1 Cine Version IIレンズ

SLR MagicはソニーEマウント用の新しいレンズを発表した。 50mm f/1.1 Cine Version IIはマニュアルのコンパクトな映画/写真用レンズだ。

Cinema5Dでは3年前に前身のSLR Magic 50mm f / 1.1をレビューしている(英語)。最初のレビューで、いくつかのレンズの光学的欠陥を発見した。その結果、SLR Magicは生産を停止し、これらの欠点を改善したレンズをリリースした。

新しい50mm f/1.1 Cine Version IIは光学的にさらに改善されたとアナウンスされている。

レンズ枚数を増やしており、細部にわたりパフォーマンスが向上している。

version IIのレンズは、6群7枚のレンズ構成で、絞り羽数は13。

前モデル同様、50mm f / 1.1 Cine Version IIは完全マニュアルで、ギア付きのフォーカスリングと絞りリングを備えている。

以下はSLR Magic 50mm f / 1.1 CineバージョンIIの仕様

  • マウント:Eマウント
  • フォーカスタイプ:マニュアル
  • 焦点距離:50mm
  • 最大絞り:f / 1.1
  • 最小絞り:f / 16
  • 最短合焦距離:0.50m
  • 絞り羽根数:13
  • フロントフィルター径:Φ52
  • レンズコーティング:マルチコーティング
  • レンズ構成:6群7枚
  • 寸法:L 60.5mm x W 64.0mm
  • 重量:450g

価格は前モデルと変わらず399ドル(割引価格で入手できる)。以下のリンクから予約できる。

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する