広告

ソニーがロジャー・ディーキンス氏が審査員を務めるオンラインコンテスト「Sony Future Filmmaker Awards」を開催

ソニーがロジャー・ディーキンス氏が審査員を務めるオンラインコンテスト「Sony Future Filmmaker Awards」を開催

ソニーは、7月末に第1回目のオンラインコンテスト「Future Filmmaker Awards」を開催し、2023年の審査員を発表した。Filmmaker、Student Filmmaker、Future Formatの3部門で、Justin Chadwick、Nicole Brown、Jeremy Barber、そしてSir Roger Deakinsが審査員として参加する。コンテストに応募する作品の提出期限は、12月13日まで。最大5,000ドル、ソニーのカメラ機材などを獲得するチャンスだ。

オンライン映画製作コンテストは、映画製作を学ぶ学生、映画製作を志すクリエーター、プロの映像制作者など、あなたの名前を広く知ってもらう絶好の機会でもある。

ソニーは、世界中のクリエイターを継続的にサポートするため、「Future Filmmaker Awards」コンテストを開始した。このオンラインコンテストは、3つのコンペティションにまたがる6つのカテゴリーにおいて審査される。

Sony Future Filmmaker Awards 一般規定

Sony Future Filmmaker Awardsは、新しいショートフィルムのオンラインコンテストとして、フィルムメーカーやコンテンツクリエイターの方々に、作品を発表し、30名の受賞者の一人として選出される特別な機会を提供する。2022年12月13日(火)まで無料で作品を応募することができる。また、1人の応募者が複数のカテゴリーやコンペティションに応募することも可能。

Image credit: Sony

Filmmaker、Student Filmmaker、Future Formatの3つのコンペティションがある。さらに、フィルムメーカー部門には3つのカテゴリーが、スチューデント・フィルムメーカー部門には2つのカテゴリーがある。

各カテゴリーに最大5名の受賞者があり、審査員によってショートリストと受賞者が選ばれ、Sony Future Filmmaker Awardsのウェブサイト上で発表される。つまり、30人以上のフィルムメーカーが最終選考に残ることになる。

Image credit: Sony

ソニーは、第1回目の審査員を発表した。ジャスティン・チャドウィック、ニコール・ブラウン、ジェレミー・バーバー、そして現在最も名誉ある撮影監督の一人であるサー・ロジャー・ディーキンスが、あなたのショートフィルムを審査する。

Image credit: Sony

フィルムメーカー・コンペティション

Filmmakerコンペティションは、世界中の独立系フィルムメーカーやクリエイターを対象としている。カテゴリーは、「フィクション」「ノンフィクション」「環境」の3部門がある。

Filmmakerコンペティションの応募作品は、それぞれ5分から20分の長さで、どのようなデバイスで撮影したものでも可能。また、2021年または2022年に制作されたもので、英語または英語字幕を含むものであることが条件となる。

Image credit: Sony

スチューデントフィルムメーカー・コンペティション

Student Filmmakerコンペティションは、将来業界を率いる才能を発掘する。応募資格は、世界中の登録教育機関でディプロマまたは学位レベルの映画コースを受講していること。

学生コンペティションには、フィクション部門とノンフィクション部門の2つのカテゴリーがある。候補となる教育機関は、世界の多様な才能を確保するために、大陸別に選択される。

学生コンペティションの応募作品は、5分から20分の間で、撮影するデバイスは問わない。さらに、2021年または2022年に制作されたもので、英語または英語字幕を含むものである必要がある。

Image credit: Sony

フューチャーフォーマットコンペティション

フューチャーフォーマットコンペティションには、「スマートフォンで撮影する」というカテゴリー。応募条件は、2分から5分の長さで、英語または英語字幕付き、2021年から2022年の間に撮影され、スマートフォンで撮影された作品であることが条件となる。

賞品

まず、最終選考に残った30人のフィルムメーカー全員に、ソニー・ピクチャーズのスタジオで行われる授賞式と2日間のワークショップに参加するためのロサンゼルスへの旅が贈られる。

フィルムメーカー部門の受賞者には、賞金5,000ドル、FX9シネマカメラとFE C 16-35mm T3.1 Gフルサイズパワーズームシネマレンズ、賞状、トロフィーが授与される。

学生映画製作者の受賞者には、FX6シネマカメラ、FE 24-105mm F/4 G OSSズームレンズ、賞状、トロフィーが贈呈される。

フューチャーフォーマットの受賞者には、賞金2,500ドル、ソニーのデジタルイメージング機器、賞状、トロフィーが授与される。

Image credit: Sony

応募締切

すでに述べたように、コンテストは2022年12月13日に締め切られる。受賞者は2023年2月22日のセレモニーで発表される予定だ。ワークショップは2023年2月23日、24日の2日間開催される予定。

詳細とコンテストへの応募は、こちらのSony Future Filmmaker Awardsのウェブサイトをご覧ください。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手