広告
広告

「オリンパス」カメラは「OMシステム」ブランドへ

「オリンパス」カメラは「OMシステム」ブランドへ

昨年、オリンパスを買収した日本産業パートナーズ(JIP)は、今後発売されるすべての製品を「OMシステム」という新ブランドで発売することを発表した。つまり、1世紀以上の時を経て、オリンパスブランドのカメラは正式に消滅した。

2020年6月、オリンパスは「オリンパス」と「ZUIKO」ブランドを含むイメージング事業の売却を発表した。2021年1月以降、オリンパスのイメージング事業の新しいオーナーは、JIP-日本産業パートナーズとなった。

JIPはオリンパスの買収後、マイクロフォーサーズカメラ用のM.ZUIKOズームレンズを1年間に1本しか発売していないなど、比較的静かな動きだ。

オリンパス」カメラは「OMシステム」ブランドに

上のビデオでは、オリンパスの社長兼CEOである杉本氏が、1919年に始まったブランドの歴史に新たな章を書き加えることを発表している。カメラ、レンズ、双眼鏡、オーディオなど、オリンパスの製品には「OMシステム」というブランド名が冠される。

ブランド名の変更には多くの時間と労力を要する。ユーザーの記憶に残るものだが、オリンパスのような歴史あるブランドであればなおさらだ。JIPの公式声明はこちら

Image credit: OM System

同社はマイクロフォーサーズ用のレンズやカメラを継続して開発する。発表ビデオでは、次期カメラのようなものを予告しているが、その情報はまだ無い。

OMシステムが、今後画期的な新製品を発表することを期待したい。

詳細については、OMシステムのウェブサイトをご覧いただきたい。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する