Uppbeatが無料楽曲サイトを立ち上げ

Uppbeat YouTuberやコンテンツクリエーター向けの無料の音楽プラットフォームを立ち上げた。高品質の無料音楽を求めるユーザーに対し、Music Vineのクリエイターがこの新しいサービスを始めるに至った。

Uppbeat はコンテンツクリエーターに豊富で信頼できる音楽素材を提供する。

音楽ライセンスプラットフォーム

音楽ライセンスプラットフォームは、YouTubeやその他のソーシャルメディアチャネルへのアップロードする人口が増えたため、大幅に増加した。プラットフォームの中には、ダウンロードする楽曲の数に関係なく、月次や年次のサブスクリプション方式を導入し、従来の「一曲づつの支払い」のビジネスモデルを古いものにしている。その主なものの1つはMusicVineだが、同社は所属する多くのクリエイターと興味深いビジネスを開始した。

Image credit: Uppbeat

Uppbeatとは

YouTube、TikTok、あるいはその他のソーシャルメディアプラットフォームは活況を呈しており、最近では多くの人がビデオコンテンツを発信している。ただし、いくつかの一般的な問題は同じまだ。動画用の高品質の音楽を著作権の問題をクリアして使用することだ。これまでは、有料の音楽ライセンスサブスクリプションやYouTubeのオーディオライブラリを使用していた。Uppbeatのリリースにより、YouTuberやコンテンツクリエーターは、ゼロから構築された無料の音楽プラットフォームを使用することができる。多様なカタログと厳選されたプレイリストにより、さまざまな種類の音楽コンテンツを簡単に見つけることができる。

Image credit: Uppbeat

Uppbeatのビジネスモデル

Uppbeatは、世界中のインディーアーティスト、プロデューサー、作曲家から寄せられた1000を超える楽曲をリリースする。

無料サブスクリプション:

Uppbeatの無料パートでは、全体の50%にあたる500曲にアクセスできる。ユーザーは、月に10本のフルレングスのトラックをダウンロードできる。これらのトラックはYouTube動画で自由に使用できる。ただし、YouTube動画の説明にテキストで表示する必要がある。

プレミアムアカウント:

プレミアムアカウントは、月額6.99ドル(または年間66.99ドル)で、Uppbeatの1000曲以上への無制限のアクセスが可能で、表記する必要もない。

Image credit: Uppbeat

まとめ

このコンセプトは非常に興味深いもので、この新しいプラットフォームを使ってみることをお勧めする。なお、Joystockは同様のコンセプトを提供しているが、規模ははるかに小さい。

ビデオ用の音楽について重要なことは、特に無料の場合、音楽トのクリエーターが経済的に成り立つのかを考える必要がある。 UppbeatのCEOのLewis Foster氏へのインタビューで、このことを尋ねた。彼の答えは次のとおり。

ユーザーに優れたエクスペリエンスを提供するだけでなく、アーティストや音楽プロデューサーをサポートすることは私たちにとって非常に重要です。それらは私たちのプラットフォームの心臓部であるため、私たちは多くの収益源から彼らに報酬を与えることを可能にする倫理的なビジネスモデルを考案しました。つまり、無料アカウントまたはUppbeat Premiumに登録したユーザーがダウンロードしたかどうかに関係なく、アーティストは常に音楽に対して公平に支払われます。 他の音楽プラットフォームよりも優れた価値を提供する、より公平で使いやすいサービスを作成しました。現在、コンテンツに高品質の音楽を求めているユーチューバーやクリエイターにとって、世界で最も人気のあるリソースとしての地位を確立することを目指しています。

Uppbeatのサイトはこちら

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する