広告

Viltroxが富士フイルムXマウント用「13mm F/1.4 AF」を発表

Viltroxが富士フイルムXマウント用「13mm F/1.4 AF」を発表

Viltroxは、富士フイルム X-Mountカメラ用の新しいレンズ、Viltrox 13mm F/1.4 AFを発表した。このレンズは、STMモーターを内蔵した小型軽量の広角レンズで、高速なAF性能を実現している。2022年2月より出荷開始予定。

富士フイルムは2020年5月、Xマウントをサードパーティレンズメーカーに開放した。最近、Samyang AF 12mm F/2 XやSLR Magic MicroPrime CINE 21mm T/1.6など、各社から多くの新しいレンズが提供されている。これはユーザーにとっても大きなメリットがある。

中国のメーカーViltroxも、これを利用し、新しい広角レンズ、Viltrox 13mm F/1.4 AFを発表した。

Image credit: Viltrox

特徴

Viltrox 13mm F/1.4 AFは、すべての富士フイルム Xマウントカメラに対応する広角レンズだ。重量はわずか420g、長さは90mmで小型軽量なため、常にカメラバッグの中に入れておける。

13mm F1.4 AFは、その名の通り、STMフォーカスモーターを搭載しており、動画モードでの被写体追尾に対応している。また、内部でフォーカスを合わせるので、フォーカスを変えてもレンズレンズの長さが変わることはない。

Image credit: Viltrox

レンズ構成

13mm F1.4 AFのレンズ構成は、11群14枚で、絞り羽根は9枚で構成され、滑らかなボケ味を実現する。前面フィルター径は67mmで、最短撮影距離は22cm。

画像によると、このレンズは内部のゴム製ガスケットのおかげで一種の耐候性があるように見える。

Image credit: Viltrox

価格と発売時期

Viltrox 13mm F/1.4 AFは、現在469ドルで予約を受付けており、2022年2月に出荷開始予定。レンズにはレンズフード、フロントキャップとバックキャップ、レンズポーチ、説明書が同梱される。直接の比較対象として、サムヤンのAF 12mm F/2 Xは現在499ドルで販売されている。

詳細については、Viltroxのウェブサイトをご覧いただきたい。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手