Vision ResearchがPhantom VEO 1310ハイスピードカメラを発売

2020.2.13
Vision ResearchがPhantom VEO 1310ハイスピードカメラを発売

ハイスピードカメラの専門メーカーVision Researchは、VEOシリーズの新製品で軽量、コンパクトなモデルPhantom VEO 1310を発表した。この新しいモデルは、HD 720Pで最大14,350 fpsの映像を撮影できる。カラーモードで6400、またはモノクロで25000のネイティブISOを持つ。

主な機能

映画製作者なら、おそらく、Phantom Flex4Kのハイスピードシネマカメラメーカー、Vision Researchをご存知だろう。その他にも、Miro、VEO、Machine Visionといったハイスピードカメラが存在する。 その中でもPhantom VEOはコンパクトで堅牢、かつ機能が豊富だ。このVision Researchが、Phantom VEO 1310でラインナップを拡張した。筐体はアルミ削り出しで作られており、重量はわずか2.7kg。

Vision Researchによると、VEO 1310は「最も高感度なVEO」だ。Phantom VEO 1310のネイティブISOは、モノクロモードで25,000、カラーで6,400を実現している。 23 x 17.3 mmの1メガピクセルCMOSセンサーを使用し、ピクセルが大きいためより高感度が実現している。

PhantomVEO1310_Featured

The Phantom VEO 1310 S. Image credit: Vision Research

Phantom VEO 1310には、ニーズに応じてL(ライト)とS(フル)の2つのバージョンがある。どちらのバージョンも、SDIおよびHDMIビデオ出力、12Vバッテリー入力を備えている。カメラをリモート制御する場合は、追加の10GBイーサネットアダプターを購入する必要がある。

2つのモデルの違いは、Sバージョンには、TC入力/出力、トリガー、ストロボ、F-Sync、Readyポートの6つの入出力ポートがあること。また、SバージョンにはCFast 2.0ポート(最大512GB)とコントロール部がある。なお、レンズマウントはユーザーが交換可能。 Nikon、PL、C、EFマウントから選択でき、電子制御が可能だ。

PhantomVEO1310_02

Image credit: Vision Research

フレームレートと記録フォーマット

VEO 1310は、次のフレームレートと解像度で記録できる。

  • 10,860 fpsで1280 x 960。
  • 14,350 fpsで1280 x 720
  • 13,333 fpsで960 x 960。
  • 30,030 fpsで640 x 480。
  • 320 x 12で最大423,350 fps。
PhantomVEO1310_03

The Phantom VEO 1310 S. Image credit: Vision Research

このような高フレームレートでは、大量のデータを保存する必要があるが、もちろん、HD 720Pは映画制作では制限になる可能性がある。内蔵の18GB / 36GB / 72GB RAM、またはCFast 2.0カードに記録できる(Sモデルのみ)。

このカメラは、Cine RAW&Cine Compressed(12-bit)、AVI、H.264、Apple ProRes、Multipage TIFF、MXF、非圧縮QuickTime、Windows BMP、OS / 2 BMP、PCX、TGA、TIFF、リード、JPEG JTIF、RAW、DNG、DPXで記録できる。

PhantomVEO1310_01

Image credit: Vision Research

価格と発売時期

現在、Phantom VEO 1310の価格や発売時期についての情報はない。

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する