Z CAMがE2Cを発売 - 安価な4Kカメラ

2019.8.7
Z CAMがE2Cを発売 - 安価な4Kカメラ

Z CAME2Cが予約注文できるようになった。現在のZ CAMのラインナップで最も手頃な価格のカメラだ。価格は799ドル。カメラはマイクロフォーサーズセンサーと同マウントを備えており、最大30fpsUHDビデオを内部収録できる。

Z Cam E2C – affordable 4K camera. Source: Z CAM

Z CAMは中国のカメラメーカーで、この会社が新しいカメラを導入するペースが注目されている。昨年NABで、同社はマイクロフォーサーズセンサーを搭載した小型のシネマカメラZ CAM E2を発表した。このカメラは、4K DCI(4096 x 2160)/120fps(300Mbps H.265)で内部記録できるなど、注目すべきスペックを持っている。

また今年のNABでは、より大きなセンサーを搭載した3台の新しいZ CAM E2フラッグシップカメラを発表した。ぞして昨年末には Z Cam E2Cを発表したが、これは同社のラインナップの中で最も手頃な価格のカメラとなっている。当初、このカメラは2019年3月に発売される予定だったが、多少遅れたようだ。そして今回予約注文が可能となった。

Z Cam E2Cの概要

Z Cam E2Cは、フルHDで最大30fps、UHD(3840 x 2160)で最大60fpsを内部記録できる。コーデックはH.264(8ビット)とH.265(10ビット)のみ。 電源はキヤノンLP-E6バッテリー、DC 12V、D-Tap、さらにはEthernetなど、さまざまな電源オプションをサポートしている。搭載されているマイクロフォーサーズセンサーは11.5のダイナミックレンジを持つ。またギガビットイーサネットポートによりライブストリーミングも可能だ。記録メディアはSDXCで、これも手ごろな価格のメディアが採用された。

The Z Cam E2C looks like a small cube. Source: Z CAM

Z CAM E2との違い

Z Cam E2CはZ CAM E2と幅と長さは同じだが、高さは15.3mm低くなっている。カメラ本体は89グラムと軽量だ。 Z Cam E2Cはマイクロフォーサーズマウントを採用しているが、センサーは異なり、解像度は16.83メガピクセルと高く、センサーのアスペクト比は4:3に近い。

電源はZ CAM E2がソニーのNP-Fバッテリーを採用しているのに対し、 Z Cam E2CはキヤノンLP-E6バッテリーを採用している。解像度とフレームレート、そしておそらくビットレートも、E2Cはずっと低い。 E2Cは現時点ではProResで記録することはできないが(Z CAM E2は可能)、将来のファームウエアアップデートで対応される予定。記憶メディアは、Z CAM E2がCFast 2.0であるのに対し、安価に手に入るSDXCを採用している。

Z Cam E2Cの主な仕様

Z CAMは、 Z Cam E2Cの仕様を公開している。

カメラ機能

  • センサータイプ:4/3″ CMOSセンサー
  • センサーサイズ:17.56×13.11mm
  • 有効画素:16.83メガピクセル
  • ダイナミックレンジ:11.5stop(Z-Log2)
  • レンズマウント:マイクロフォーサーズ
  • マイク:内蔵ステレオマイク

記録機能

  • 解像度とフレームレート:3840 x 2160 @ 29.97 / 25/24 / 23.98 fps、2880 x 2880 @ 29.97 / 25/24 / 23.98 fps、1920 x 1080 @ 59.97 / 50 / 29.97 / 25/24 / 23.98 fps
  • 色深度:10ビット(H.265)/ 8ビット(H.264)
  • ビデオエンコーダ:H.265メイン10ビットプロファイル/ H.264ハイプロファイル(Apple ProResは認定プログラム終了後のファームウエアアップデートでサポートされる)
  • オーディオフォーマット:24ビット48 kHz、AAC / PCM(MOVのみ)
  • ファイル形式:MOV / MP4
  • 録画モード:ビデオ/タイムラプスビデオ

設定

  • ISO:オート、マニュアル(800〜25600)
  • シャッター:シャッタースピード:自動、手動(最大1/8000 “)またはシャッター角度:自動、手動(1°〜360°)
  • ホワイトバランス:オート、プリセット、マニュアル(2300K〜7500K)
  • フォーカスモード:MF / AF / CAF
  • 画像:明るさ/コントラスト/彩度/シャープネス
  • LUT:Rec.709 / Z-Log2 /フラット/ HLG
  • 音声:音声入力/音声出力レベル
  • タイムコード:記録時間/手動入力

記録メディア

  • メディア:SDXCクラス10。4Kビデオ録画にはUHS-Iスピードクラス3(U3)カードの使用を推奨
  • ファイルシステム:exFAT

接続性

  • HDMI:HDMI 2.0タイプA
  • USB:カメラ制御およびデータ転送専用のUSB 3.0 type C
  • リモコン:2.5 mmジャックソケット(ソニーLANC互換)
  • オーディオ入力:アクティブマイク専用3.5 mmステレオジャックソケット
  • 音声出力:3.5 mmステレオジャックソケット
  • Wi-Fi:802.11n、2.4G(外部アンテナポート付き)
  • イーサネット:制御、設定およびライブストリーミング用のギガビットイーサネットポート、POE対応

電源

  • バッテリー:キヤノンLP-E6互換(バッテリーは別売)
  • 外部電源:DC 12V / 1.5〜5A、D-TAPプラグおよびD-TAP / DCコネクター付き電源ケーブル(AC / DCアダプターは別売)
  • Power over Ethernet(POE):802.3at / af互換、CAT5E以上のイーサネットケーブルが必要

その他

  • 材質:アルミ合金
  • 重量:668 g(レンズ含まず)
  • 外形寸法(W×H×D):91.2 mm×83.9 mm×89.1 mm(本体のみ)

動作環境

  • 保存温度:-20℃〜60℃
  • 動作温度:0℃〜40℃

Z Cam E2Cカメラは現在予約注文可能で、2019年8月末までに出荷を開始する予定。カメラ本体の価格は799ドル。

広告

Leave a Reply

avatar
フィルター
全て
ソート
most voted
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
most voted

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

mode_comment