リーベックが新三脚とジブアームを発表

リーベックが新三脚とジブアームを発表

リーベックは新しいヘッド、三脚システム、NXシリーズを発売した。ミラーレス・小型カメラ用三脚システムと、業務用・中型カメラ用高性能軽量三脚システムの2種類があり、それぞれグランドスプレッダーとミドルスプレッダーが選択できる。またヘッド単体でも購入できる。なお、ジブアームJB40も発表した。

リーベックの新しい三脚システムは、以下の通り。

  • NX-100C ミラーレス・小型カメラ用三脚システム(グランドスプレッダー)
  • NX-100MC ミラーレス・小型カメラ用三脚システム(ミッドスプレッダー)
  • NX-300C 業務用・中型カメラ用三脚システム(グランドスプレッダー)
  • NX-300MC 業務用・中型カメラ用三脚システム(ミッドスプレッダー)
  • NH10 75mmヘッド単体
  • NH30 75mmヘッド単体

NX-100C/100MC

NX-100はDSLRやミラーレスカメラなど、小型カメラに対応する軽量三脚。軽量なカメラでもバランスが取れるようカウンターバランスの設定がされている。パン、ティルト操作も軽量なカメラであっても絶妙な粘り感と操作性が発揮されるよう、最適な調整がされている。

NX-300C/300MC

NX-300は2kgから10kgまでの広いカウンターバランスレンジが特徴。リグを組んだ小型カメラ、中型ハンドヘルドカメラ、あるいは本格的なリグを組んだシネマカメラまで対応する。

主な特徴

ミッドスプレッダーモデルのNX-100MC/NX-300MCは総重量3.8kgで、カウンターバランスやフリクションの調整ができるビデオ三脚では世界最軽量。これは構造や素材、構成パーツを精査し、新機構の採用や徹底的な部品削減、主要部品の樹脂化によって、操作感を損ねることなく実現している。

また、緻密で精確な操作感を実現しており、パンやティルトのガタつきやバックラッシュの大幅軽減に成功している。

カウンターバランスとフリクションコントロール

幅広い重量域をカバーできる新設計の段階式カウンターバランスシステムを採用。カウンターバランスの効かないフリー状態を除き4段階のカウンターバランスが選択できる。

また、ドラグシステムに金属積層ユニットを採用。ローコストな樹脂ユニットに比べ、動き出しが滑らかでバックラッシュも抑制され、経年使用時の耐久性にも優れている。また、保管する場合にダイヤルをゼロに合わせる必要がない。

最高級シリコーングリースを使用しているため4段階のフリクションは上質な粘り感があり、これは-40℃から+60℃の温度域で使用しても操作感は変わらない。

カーボン三脚

三脚部はカーボンファイバー製で軽量化を図り、上段のパイプの幅を広く取ることでねじれ剛性を高め、耐荷重性能も高い構造になっている。スプレッダーとフットパッドはより軽量化させたNXシリーズ専用のFP-1B、SP-1Bを採用している。

デュアルヘッド機構

ヘッドは、75mmボール三脚とフラットベース三脚のどちらにも取り付けできるデュアルヘッド機構を採用。スライダーやスケータードリー、フォト三脚などににも取り付けることができる。

その他の機能

スライドプレートはManfrottoやSachtlerと互換性があり、ワンタッチで着脱できるスナップイン式により、迅速な操作が可能。水準器はLED照明付きなので、暗い環境でも水平を調整できる。

ヘッド側面に1/4、3/8インチのアクセサリーポートが設けられており、モニターやライトなどのアクセサリーを取り付けることができる。また、ヘッド左側のセレーションで左側のパン棒を取り付けることもできる。

JB40(ジブアーム)

リーベックはジブアーム、JB40も発表した。これはJB-30の後継機で、コンパクトで軽量なプロ用小型ジブアームだ。最大30kgの耐荷重で高い堅牢性があり、しなりやブレを最小限に抑えている。

またジブアームは、100mm三脚の他、同梱のアダプター「AD-75」で75mmボールのビデオヘッドも取り付けられる。

自重は約10kgで、折り畳むと約120cmの大きさになり、専用キャリングケースに収納した状態でタクシ―のトランクに載せることもできる。

価格と発売時期

NX-100CとNX-100MCは100,000円(税別)、NX-300C/300MCは150,000円(同)で、どちらも2020年11月下旬発売予定。また、ヘッド単体のNH10は69,000円(同)、NH30は100,000円(同)で2021年1月の発売を予定している。

ジブアームJB40は260,000円(同)、ジブアーム/三脚/ドリー/ウェイトのキットJB40 KITは520,000円(同)でいずれも2021年2月の発売予定となっている。。

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する