Adobe Premiere Pro 11.1.2でGH5の10ビットファイルをサポート

Adobe Premiere Pro 11.1.2でGH5の10ビットファイルをサポート

本日Adobe Premiere Pro CC 2017の新しいアップデートがリリースされ、バグの修正とパフォーマンスの向上が提供されている。また、以前報告した、パナソニックGH510ビットファイルのサポートもサポートされている。

パナソニックGH5の10ビットファイルは、Adobe Premiere Proでうまく動作していなかった。具体的には、Premiere Proの最終更新以来、オーディオファイルのみ認識されていたため、ビデオの編集が出来なかった。アドビはこの問題を認識しており、6月にアップデートで10ビットサポートを追加するとしていた。そして今回、11.1.2アップデートがリリースされた。

Adobeがニュース記事で述べているように、「これはすべてのユーザーに強く推奨される重要なアップデート」だ。

今回リリースされたPremiere Pro CC 2017 11.1.2アップデートでは、新しいメディアキャッシュ管理機能が導入され、Premiere Proキャッシュフォルダの処理方法が変更されている。以前のバージョン11.1.1では、キャッシュ管理設定はMedia Cacheフォルダ構造内のファイルにのみ適用できたが、バージョン11.1.2では、* .pek、* .ims、および* .cfaのようなメディアキャッシュファイルに優先順位が適用される。これらのファイルは、キャッシュ管理の設定に従って、編集後必要に応じて自動的に削除される。

GH5の10ビットファイルサポートとメディアキャッシュ管理の変更以外に、新バージョンでは、安定性とパフォーマンスの向上を実現している。以下はアップデートの全リストだ。

安定性とパフォーマンス

  • 古いMacシステムで大規模なプロジェクトを動作させると、タイムラインと波形の再描画がフリーズすることの改善
  • スクラブすると特定のクリップ(1000 fps)がクラッシュすることの改善
  • 大きなファイルの再生中にクラッシュすることの改善
  • フラットマルチカムを実行すると、タイムラインからオーディオが削除されることの改善
  • トリムモードのソースクリップを使用すると、Premiereが停止することの改善
  • 改善されたAVC-Iのエクスポートパフォーマンス
  • ダイナミックリンクテキストテンプレートのパフォーマンスを向上

フォーマットとファイルのサポート

  • FCP XMLファイルをインポートする場合、プレースホルダが含まれていると失敗することの改善
  • キヤノンXC10ファイルで、クリップを移動するときに画像が歪む不具合を改善
  • 特定のQTファイルがインポートされなかった不具合を改善
  • 一部のQuickTimeリファレンスムービーの読み込みに失敗することの改善
  • パナソニックAG-UX180のMP4ビデオクリップをインポートすると、タイムライン上のクリップでオーディオが適切に表示されないことの改善
  • AVClファイルでタイムラインに黄色のバーが表示されることの改善
  • 25fpsを書き出しに失敗する不具合を改善
  • RED R3D Helium Stillsで一時停止したときのアーティファクトを改善
  • Odyssey 7Qで記録されたCanon C500 RAWファイルを読み込む場合、画面が色分けされて2つの部分に分かれていた不具合を改善
  • FCPのマルチクリップシーケンスを再生するときに「変換の問題」が警告表示されることの改善
  • 長時間のMXFをインポートすると、タイムラインで音声が失われることの改善
  • 別のプラットフォームのプロジェクトファイルが使用されている場合、プロキシ生成でMedia Cacheが失敗することの改善
  • Windowsではメディアキャッシュの削除警告ダイアログはモーダルウインドウではなかったことの改善
  • メディアキャッシュポリシーでは、特定のキャッシュファイルのみを削除できる
  • メディアキャッシュファイルを保存するオプションは保持されない

エフェクト

  • エフェクトコントロールパネルでベジエハンドルまたはパラメータラインを変更するとき、リアルタイム更新できなかったことの改善
  • Lumetri:リセットされたカラーホイールが他のLumetriに影響を与えていることの改善
  • 部分キー入力でエフェクトキーフレームが失われることの改善
  • エフェクトコントロールパネルのキーフレームパスへの編集で、マウスを離すまで更新されなかったことの改善
  • エフェクトコントロールパネルに黒い線が表示されることの改善
  • エフェクトキーフレームがターゲットポイントに貼り付かないことの改善
  • キャプショントラックアイテムが削除された後に表示されることの改善
  • STLファイルをインポートしても、インポート中に解像度を変更することができなかったことの改善
  • チームプロジェクト:キャプション内のテキストの編集が変更されても認識されないことの改善
  • オーディオエフェクトパラメータの変更が適切に処理されないことの改善
  • オーディオスクラブ中の歪みの改善
  • オーディオエフェクトパラメータの変更が適切に表示されていないことの改善
  • Premiereのオーディオゲイン設定をオーディオファイルに適応
  • オーディオが無い場合にハングオンストップすることの改善(Winのみ)
  •  特定のズームレベルでオーディオ波形が正しく配置されないことの改善
  •  メディアの再リンク後にオーディオチャネル設定がリセットされることの改善
  • タイムライン上のクリップにサウンドプリセットを追加すると、レンダリングキューにAMEが追加されることの改善
  • ホームフォルダがマップされている場合、キューエクスポートジョブをAMEにできないことの改善
  • エクスポートされたファイルが、ムービーのコンパイル中に失敗することの改善
  • 複数のファイルを同じ名前でエクスポートすると、最初のファイルの長さでインポートされることの改善
  • PSDファイルを含むAAFを書き出すと、エラーが発生し、Media Composerでタイムラインを再生できないことの改善
  • クリップの不一致によりシーケンスが変更された場合、デフォルトのMPEG Iフレームプレビューフォーマットでタイムラインをレンダリングするとメディアが保留になることの改善
  • タグやデスクリプションなしでPremiere Proからエクスポートすると、クラッシュすることの改善

一般

  • 属性を削除すると、すべての組み込みエフェクトがリセットされることの改善
  • フローティングビンへのインポートがビンに入らないことの改善
  • サムネイル表示のクリップをダブルクリックしても、ソースモニタで開かれないことの改善
  • ライセンスダイアログが表示され、消えてしまうことの改善
  • ライセンスされたストックビデオをドラッグアンドドロップすると、カートのアイコンがプロジェクトセクションに表示されないことの改善
  • グラフィックスメニューでは、オンボードメディアブラウザのオプションが有効になっている(ウェルカム画面から新規ユーザーにしか表示されない)ことの改善
  • タイムコード値の入力時にソースパネルの再生ヘッドが更新されないことの改善
  • キャプションパネルで変更が行われたときに[共有]ボタンが点灯しないことの改善
  • Premiere ProがQuickHealウイルス対策によってブロックされていることの改善
  • トランジションに必要な部分が、部分インジェストのためにトランスコードされないことの改善
  • メディアブラウザから開いたシーケンスでサブシーケンスを作成できないことの改善
  • 1/2の再生解像度でスクラブ再生中の画像位置が間違っていることの改善
  • ソースモニターのNDFクリップでDF値を外部SDIモニターに送信することの改善
  • クリップ間にギャップがある場合、4k60pのシングルストリームタイムラインのフレームをドロップすることの改善
  • 画像シーケンスを使用したプロジェクトのインポートIn / Outインスタンスでは、AMEが部分的なIngestのエンコードに失敗することの改善
  • デスクリプションのALEメタデータが正しくないことの改善
  • Win HiDPIでは、イベントポップアップウィンドウは拡大縮小されないことの改善
  • Match Source(Rewrap)プリセットが一致するクリップをトランスコードできないことの改善
  • トリムモードを使用した後にマルチカムビューが無効になることの改善
  • imsアクセラレータが継続時間の変更を引き起こすことの改善
  • 11.0プロジェクトを開いた後に[入力設定]ダイアログが表示されることの改善
  • サブミックストラックのトラックヘッダーに名前がないことの改善

 

このアップデートは、Creative Cloudデスクトップアプリケーションからインストールできる。また、ヘルプ/アップデートを選択して、Creative Cloudアプリケーション内から新しいアップデートを確認することも可能。すぐに利用できるはずだが、すべてのグローバルデータセンターがアップデータを受け取るには24時間以上かかることがあるので、アップデートがすぐに利用できない場合は、アドビに確認すると良いだろう。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する