Adobe Premiere ProにLumetriカラーパネル用のオートトーンを追加

Adobe Premiere ProにLumetriカラーパネル用のオートトーンを追加

最新のPremiere Proには、高速でインテリジェントなカラーグレーディングのための新技術「オートトーン」が導入されている。オートトーンは、Lumetriカラーパネルのオートボタンに代わるもので、アドビのカラーサイエンスの専門知識を基に、編集者が独自のシネマティックスタイルを開発するのに役立つ。

オートボタンは、プロの間ではジョークのような存在だった。用途に関わらず、オートカラーがもたらすワイルドで不快な結果は、悪い状況をさらに悪化させることが多かった。オートトーンはこれを挽回するものだ。

Auto Tone
Image credit: Adobe

オートトーンの調整は、Lumetriパネルの上部にある基本的な補正スライダで行う。これにより、これまでよりもニュアンスのある仕上がりになる。高度なアルゴリズムが、画像の温度、色合い、露出、コントラスト、ハイライト、シャドウ、白、黒、彩度を分析し、ワンクリックで可能な限り見栄えの良い仕上がりを実現する。

従来の「オート」ボタンは、画像の露出を調整するだけだった。色温度や彩度は考慮していなかった。この方法は、経験の浅い編集者にとっては、ただ闇雲に操作するだけのものだった。

Auto Tone
Image credit: Adobe

Auto Toneの意図は、新しいコンテンツ制作者に利用可能な調整方法を知ってもらうことにある。また、経験豊富な編集者にとっては、最初の一歩を踏み出すきっかけにもなる。

Lumetri Colorは、AdobeのスタンドアローンのカラーグレーディングアプリケーションであるAdobe Speedgradeの終了に伴い、Adobe Premiere Proに追加された。Lumetri Colorは、色を加えることでストーリーに命を吹き込むための、親しみやすく迅速なツールをエディターに提供する。

カラーグレーディングをより簡単にしようとするアドビの姿勢は賞賛に値する。アドビは、オートトーンをクイックフィックスツールとして捉えているが、それ以上に進化させることができる。アップデートのたびにアルゴリズムが改良されていくので、ユーザーはよりニュアンスのある自動カラーグレーディング体験を期待できる。

ベータ版

Creative Cloud契約者は正式リリース前にソフトウェアのベータ版を試用できる。

Creative Cloudアプリケーションを起動し、「カテゴリー」に移動し、「ベータアプリケーション」を選択する。これらのアプリケーションをインストールしても、ソフトウェアの正式バージョンが上書きされることはない。ただし、これらはベータ版なので、自身の責任で利用いただきたい。

現在実装されている「オートトーン」は、変更されていないソース画像を分析するため、他のカラーエフェクトを追加する前に適用する必要がある。また、ログエンコードされた映像やlog-to-Rec709のLUTには現在対応していない。

Auto Tone
Image credit: Adobe

最新版のAdobe Premiere Pro Betaをダウンロードして、「オートトーン」の使用を開始できる。

Cover Photo by Format from Pexels | Edited by CineD

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience