ARRIレンタルがALFAとMoviecamの大口径レンズシリーズを発表

ARRIレンタルがALFAとMoviecamの大口径レンズシリーズを発表

ARRIレンタルは、ALFAとMoviecamの2つの大判レンズシリーズを発表した。前者はARRI Master Anamorphicレンズの品質をさらに向上させたもので、後者はノスタルジーを感じさせるヴィンテージレンズを現代風にアレンジしたものとなっている。両シリーズともに、全世界のARRIレンタル店限定で販売される。

ARRIレンタルは、世界中の映画・放送関係者に最先端の映像技術を提供することを使命としている。この巨大なチームにより、ARRI Prime DNADNA LFという大判レンズが開発された。

しかし、それだけではなく、ARRIレンタルの研究開発チームは、プロのシネマトグラファーと協力して、2つの新しい大判カメラ用レンズシリーズを開発した。「ARRI Rental ALFA」と「Moviecam glass」だ。

ARRI Rental ALFA manufacturing process
ARRI Rental ALFA manufacturing process. Source: ARRI

ARRI ALFAとMoviecamシリーズ:共通の特徴

ARRI ALFAシリーズとMoviecamシリーズは、大規模な映画撮影のために特別に設計されている。LPLマウントシステムを採用しており、ARRI 65およびLFカメラに対応している。

これらのレンズの製造には、ARRIの専門知識が生かされている。これにより、効率的なデータワークフローを実現するLDAチップのような最新の機能が組み込まれ、確かな品質が保証されている。

この2つのラインアップは、似ているようでいて、まったく異なる描写特性を持っている。

ARRI Rental Moviecam manufacturing process
ARRI Rental Moviecam manufacturing process. Source: ARRI

ARRI ALFA:ラージフォーマットアナモフィック

ARRI ALFAシリーズは、ARRI Master Anamorphicレンズの伝統を受け継いでいる。しかし、追加された要素や光学スキームの変更により、これまでにないルックを実現している。

この大判アナモフィックのシリーズには、40mmから190mmまでの8本のレンズが含まれている。ほとんどのレンズが最大光透過率T2.5を実現している。

このALFAシリーズの開発は、ARRIレンタルチームだけで行ったものではない。実は、撮影監督のグレイグ・フレイザー氏(ACS,ASC)とニコラウス・サマラー氏からのインプットが不可欠だった。

フレイザー氏によると、ALFAレンズは「周辺部は柔らかく、中央部は非常にシャープなヴィネット」を実現している。

ARRI Rental ALFA Series
ARRI Rental ALFA Series. Source: ARRI

ARRI Moviecamシリーズ:ヴィンテージノスタルジー

ALFAレンズが力強いアナモフィックな外観を生み出す一方で、Moviecamシリーズはヴィンテージレンズに新たな命を与え、多くの映像制作者が求めるノスタルジックな外観を提供することを目指している。

このガラスの光学的なスキームは1970年代に遡るものだが、ハウジングはレンズサイズとリングの配置が統一された、新鮮でモダンな高性能デザインとなっている。ARRIによると、このシリーズのレンズは軽量でコンパクトなサイズとなっている。

ARRI Moviecamのラインナップには、16mmから135mmまでの大判の球面レンズが11本含まれている。100mmと135mmのT2.8、60mmのT1.5を除き、ほとんどが開放値T2を誇る。

ARRI Rental Moviecam Series
ARRI Rental Moviecam Series. Source: ARRI

発売時期

これらのレンズは、まさに現在の技術の最先端を行くものであり、究極の画質を提供してくれる。しかし、誰もが使えるわけではなく、手に入れるのは容易ではない。

実際、ARRI Prime DNAやDNA LFと同様に、ALFAシリーズやMoviecamシリーズも、北米やヨーロッパを中心とした世界中のARRIレンタルのネットワークを通じてのみ入手可能となっている。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience