AtomosがNinja VとAtomX外付けモジュールを発表 - NDIとワイヤレス機能をサポート

AtomosがNinja VとAtomX外付けモジュールを発表 - NDIとワイヤレス機能をサポート

Atomosは、Ninja Vモニターレコーダー用のAtomX Ethernet / NDIとAtomX Syncモジュールを発表した。

AtomX Ethernet/NDIの概要

AtomX Ethernet / NDIは Atomos Ninja Vに装着し、1 GigEイーサネット接続を介してビデオとオーディオの入出力を可能にするブレークアウトボックスで、電力も供給する。これにより、Ninja Vはネットワーク上の任意のNDIデバイスと通信し、ライブブロードキャストが可能になる。

このモジュールはNewTekが作っており、NewTekはIP over Videoの標準としてNDIを開発している。 映像や音声の伝送にはHDMIとSDIが標準的な方法だが、IPとNDIはここ数年、放送分野でも使用されるようになってきた。 Atomos Ninja Vは NewTekのTriCasterやNDIプレイアウトシステムのスイッチャーを使用するユーザーに向けて設計されており、ライブブロードキャストやストリーミング環境でレコーダー、モニター、あるいは再生デバイスとして使用することができる。

以下はAtomXの主な機能。

  • 1Gb /秒イーサネットI / O
  • 10Gを超える100以上のチャンネル
  • NDI HD60pエンコードとデコード
  • 最大30msの遅延

AtomX Syncモジュールを使用した Atomos Ninja Vのワイヤレス同期と制御

AtomX Syncモジュールは、Ninja VのBluetoothによるワイヤレス制御が可能になり、タイムコード、ゲンロック、およびコントロールを300m以上離れたネットワークデバイスからできるようになる。これにより、ライブでのマルチカメラ制作などでDSLRカメラやミラーレスカメラを複数台使用する場合、あるいはオーディオは別に収録する場合に、デバイスの同期ができる。

AUXタイムコードはオーディオトラックに重畳され、Videotoolshed LTC Convert Softwareでデコード時に抽出し、NLEで使用することができる。 AUXタイムコードは、デコードする必要はなく、AvidやResolveで読み取ることができる。

現時点では、Bluetooth経由でデバイスをどのように制御できるかは明確でないが、AtomosはTimecode Systemsと協業しており、iOSアプリケーションでの使用が期待される。

バッテリーは、AtomX Syncモジュールでホットスワップすることもできるため、中断することなく連続的なライブ送信が可能だ。

以下はAtomX Sync Moduleの主な仕様。

  • 300mの伝送範囲
  • 1000を超えるデバイスを接続可能
  • HD / 4Kで最大60p
  • マスターコントロールとスレーブコントロール
  • Bluetooth 4.0経由で1GHz伝送

現時点では、これら2つのAtomXモジュールの発売時期は未定だが、これらの2つのアクセサリーは、 Atomos Ninja Vの使用範囲を大きく広げるだろう。

フジヤエービックのショップサイト

Atomos Ninja V (ATOMNJAV01)

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する