Atomos Sumo 19” HDRモニター

NAB 2017でAtomosは、19インチのHDRモニターレコーダー、Sumoを導入した。同社初のHDR大画面モニターで、フィールドでのモニタリング用途に適している。また4入力のスイッチング機能も備えており、簡易スイッチャーとしても使用できる。

Atomos Sumo

Atomosは小型モニターレコーダーで有名だが、今回始めて大きなサイズのモニターを商品化した。 Atomos Sumoは、以前のAtomosモニターレコーダーの優れた機能を19インチ画面に採用した新しいモニターだ。

同社は、現在のほとんどのカメラがLogやRAWでハイダイナミックレンジを撮影できるようになっており、これに対応するビューイングモニターが必要と判断したと述べている。 これにより、HDRでの一貫したワークフローが完結する。 価格的にも手頃な価格のモニターレコーダーだ。 Atomos Sumoについては、以前の記事も参照して欲しい。

主な仕様

Atomos Sumoは、19インチ1920×1080の10ビットLCDパネル(1200nitの明るさ)を備えている。これは4K/60fps、Quadlink、HDMI 2.0のAtomos Infernoと同じアーキテクチャに基づいているが、更に様々な機能が追加されている。 AtomHDRエンジンは、カメラをはじめゲーム機やテレビメーカーのLog / PQ / HLGに対応し、リアルタイムで10stop以上のダイナミックレンジを実現している。 Sumoのキャリブレーションは、X-Riteのi1DisplayProを使用して、正確なHDRとRec709のモニタリングを保証している。

VESAマウントをはじめ、さまざまな取り付け方法が可能で、付属のスタンドやオプションの取り付けプレートを使用すると、Vマウント、あるいはAnton Bauerのバッテリーを使用することができる。 Sumoにはホットスワップの電源システムが搭載されているため、電源を切ること無くバッテリーを交換することができる。 2つの12v 4ピンコネクタも装備されており、外部電源での駆動もできる。

記録機能

Sumoは、ソニーFS5 / FS7 / FS700、キヤノンC300MKII / C500、パナソニックVaricam LTのSDI出力を入力して、12ビット4K/30pのCDNG、あるいは10ビットApple ProRes / Avid DNxHRを最大4K/60p、2K240p Rawで記録できる。記録メディアは以前のモデルと同様、一般的な2.5インチSSDを採用しているが、これにより4Kで長時間撮影しても比較的安価に収録できる。HDで撮影する場合は、通常の2.5インチハードドライブでも記録可能だ。 また、AtomosはG-Technologyなどの会社と提携して、Angelbird Driveと呼ぶ外部記録メディアを使用するソリューションも提供している。

ライブスイッチング

Atomos Sumoは、 Convergent Design Apolloが持っているようなライブスイッチング機能を装備している。 QuadLink SDI接続を使用して、最大4本のHD信号を記録しながら、これを切り替えたり、ミックスしたりすることができる。また、クロスフェードやハードカット、あるいは高度なメタデータのタグ付けも可能だ。従って、編集後も、手直しなどで続けて編集することができる。この機能は将来のファームウェアアップデートで利用できるようになる予定。

接続

Atomos Sumoの3G QuadLink / 6G / 12G SDI接続を使用すると、コンバーターを必要とせずに複数の1.5または3GSDI出力を持つカメラを接続することができる。HDMI 2.0コネクタは最大4K/60pの入出力をサポートし、これはカメラ設定を含むHDR自動化オープンプロトコルにも対応している。また、GenlockとLTCのタイムコードもサポートしている。

48V Phantom電源供給可能なXLRバランス音声出力

Sumoには、外部マイクを接続するフルサイズのXLRコネクタがあり、48Vのファンタム電源の供給もできる。また、専用のメーターがあり、フレーム遅延とゲインの調整も可能。更に、3.5mmステレオヘッドホンジャックと内蔵スピーカーも搭載されており、オールインワンレコーダーとしてパッケージングされている。

Atomos Sumoは2017年の第3四半期に、約2,500ドルで発売される予定。
フジヤエービックのショップサイト

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する