Avid Media Composer2021.3がリリース

Avid Media Composer2021.3がリリース

多くのプロジェクトではまだまだAVIDが使われている。もちろん、Premiere Pro、 DaVinci Resolve、Final Cut ProなどのNLEもその数を増やしているが、AVID Mediacomposerは最も長い年月を経ているNLEでもある。新しい2021.3アップデートでは、便利な機能が多く追加されている。

このバージョンの最大のアップデートは、新しく改良された(ゼロから書き直された)IMFパッケージングツールだ。 IMFはInteroperable Master Formatの略で、プロジェクトのさまざまなバージョンの再生を簡素化する。特に、いわゆるOTTサービス(Over The Top、NetflixやAmazon PrimeVideoなどのインターネット経由で視聴者に直接提供されるメディアサービス)に使用される。

AVIDは、「IMFのオリジナルにリンクまたは作成してから、既存のメディアを再エンコードすることなく、オリジナルの内側または外側に補足パッケージを生成できる。 1つのIMPで複数のCPLを書き込むこともできる。 」と述べている

大規模なプロダクション向けの機能に加え、新しい2021.3アップデートでは、インディーズ映画製作者にとっても多くの機能が追加されている。

Avid Media Composer 2021.3

下は新機能と改善された機能のプロモーションビデオ。

新しいビンステータスバーは、すべてのアセットを整理するのに適している。アイテムの総数を取得したり、複数選択したり、ビンの情報を取得できる。ステータスバーは、ビンごとに個別に切り替えることができる。

次に、MediaCompserは、ワークスペースをカスタマイズする新しい方法を提供している。 2つの新しいハイライトカラー(既存のハイライトと同じように、インターフェイスの明るさ設定で調整)と新しいミッドグレースキン(現在の最も明るいオプションよりもわずかに暗い)により、長時間編集する場合の選択肢が増えた。

Titler+アップデート

Titler +は特に新しいものではないが、かなり改良されている。エフェクトエディタを開かなくても、コンポーザーウィンドウでより多くの機能を直接利用できるようになった。ハンドルを使用したテキストと図形の回転は、コンポーザーウィンドウ内で実行できるようになった。また、テキストは定義されたテキストフレーム内で自動的に折り返されるようになり、不透明度をカラーピッカーのグラデーションに適用できるようになった。

Mediacomposer 2021.3
image credit: AVID

タイムラインの“Find Bin”

セグメントをポイントすると、タイムラインで[ビンの検索]コマンドを直接呼び出すことができるようになった(選択は不要)。目的のセグメントを右クリックし、[ビンの検索]を選択して、ビン内のクリップを強調表示する。ビンを閉じると開き、前面に来て、適切なクリップが選択される。 AVIDによると、この機能は多くのユーザーのウィッシュリストに含まれており、MediaComposerはショートカットを頻繁に使用する場合、この機能はワークフローをさらに合理化する可能性がある。

最後に、Media Composer 2021.3を使用すると、プロセス内の既存のセグメントを上書きすることなく、タイムラインでセグメントを垂直方向または水平方向に移動できる。変更を確定するまで、何も上書きされない。

Mediacomposer 2021.3
image credit: AVID

これらの新機能は特に驚くようなものではないが、ユーザーのニーズに応え、新機能と改善を行っている。

Link: AVID
Featured image credit: Photo by Clay Banks on Unsplash / edited by CineD (with a screenshot by AVID)

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する