AVIDがMedia Composer 2020.10アップデート - ProRes RAWをサポート

AVIDがMedia Composer 2020.10アップデート - ProRes RAWをサポート

AVIDは、ノンリニア編集ソフトウェアAvid Media Composer2020.10のアップデートをリリースした。このバージョンは現在macOS v10.15.7をサポートしており、Universal MediaEngineプラグインを使用してProResRAWメディアのリンクと再生に対応している。

AVIDはMediaComposerのソフトウェアアップデートを継続的にリリースしている。今年の初めに、同社はバージョン2020.4をリリースした。これには、最新のApple MacProのサポートとWindowsユーザー向けのProResサポートが含まれている。

Media Composer 2020.10新機能

最新の Avid Media Composer 2020.10アップデートには、次のような変更が含まれている。

  • 最新のmacOSバージョンのサポート:macOS10.15.7
  • Media Composer 2020.10は、Universal MediaEngineプラグインを使用したProResRAWメディアのリンクと再生をサポートする。ただし、現時点ではProResRAWでエクスポートすることはできない。

大きな変更は以上だ。もちろん、多くのマイナーなバグも修正されている。完全なリストはこちら

マイナーアップデートのように見えるかもしれないが、ProResRAW素材に対応できるようになったのは大きな進化だ。

macOS v10.14以前の場合、「Pro VideoFormats」パッケージがインストールされているが、無い場合はこちらから無料でダウンロードできる。 Windows 10の64ビットシステムの場合、パソコンにApple SDKをインストールする必要がある。これは、こちらからダウンロードできる。

Apple ProRes RAWは、Adobe Premiere Pro、FCPX、ASSIMILATE SCRATCH、Colorfront、FilmLight Baselight、Grass ValleyEdiusなど多くの編集アプリケーションでサポートされるようになった。 DaVinci Resolveではまだサポートされていないが、まもなく発表されるDaVinci Resolve17バージョンでサポートされることを期待したい。

価格と発売時期

Avid Media Composer 2020.10アップデートは、既存のすべてのユーザーは無料で利用できる。 詳細については、こちら

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する