Avid がMedia Composer 2019を発表

2019.4.7
Avid がMedia Composer 2019を発表

Avidは、プロフェッショナルユーザー向けのNLEシステム、Media Composerの最新バージョンを公開した。 Media Composer 2019は、新たにカスタマイズ可能なUI、次世代のAvid Media Engine、そして仕上げと配信のための新しいワークフローなどが再設計されている。

Media Composer 2019

Avidは、新しいMedia Composer 2019は革新的かつ進化的であると述べている。長年のユーザーをつなぎ留めると同時に新しいユーザーを引き付けることを目的としている。簡単なことではないが、新しいバージョンを見ると有望であるかもしれない。パフォーマンス、互換性、使いやすさが受け入れられるか興味あるところだ。

Avid Media Composer 2019の概要

AvidのMedia Composerはいわば重量級のNLEのため、若い世代のユーザーはAdobe Premiere Pro、Blackmagic Design DaVinci Resolve、Apple Final Cut Pro Xなどを使用する傾向がある。ただ、Avidは特に長編映画に関しては、まだまだ使われている。

Media Composer 2019

筆者に関して言えば、Avidに関する問題は学習するのに労力が必要な点だ。編集操作やショートカットを習得するため、多くの時間を費やす必要がある。Media Composer 2019がそのような問題を解決しているかは今後の判断によるだろう。しかし、それらのツールを理解するためにAvidは本当に多くを要求する。

新しいインターフェース

何よりもまず、新しいUI(ユーザーインターフェース)がMedia Composer 2019の最も注目に値する新機能だろう。従来Avidのユーザーは、何十もの小さなウィンドウが開き、少なくとも2つのディスプレイを使用しなければならなかった。これらのウィンドウ全てを開く必要があったのだ。各ビン、エフェクトウィンドウ、プレビューモニター、オーディオレベルミキサーなどをそれぞれ専用のウィンドウに配置するのは悪くは無いが、煩雑な画面になってしまっていた。

Media Composer 2019

繰り返しになるが、フルタイムのプロ編集者ならこれでも良かったのかもしれないが、そうでない一般のユーザーにとっては使いにくいだけだ。 Media Composer 2019では、新しいパネル化されたインタフェースが導入された。もちろん全てカスタマイズ可能だ。

さらに、タスクベースのワークスペースを作成できるので、今必要なツールだけが表示され、他のツールは非表示になる。巨大なビンはより簡単ではるかに直感的になった。全体的にはPremiere ProとMedia Composerの要素を取り入れたアプローチのように見える。

新しいメディアエンジン

しかし見た目だけではない。内部ではまったく新しいAvid Media Engineを採用しており、すべてがスムーズで安定している。大手放送局向けの標準配信フォーマットであるMXF OP1a(Material Exchange Formatの運用パターン1a)のネイティブサポートが組み込まれており、エフェクトはバックグラウンドでレンダリングされる。

Media Composer 2019

新機能は分散処理され、プロジェクトの作業負荷を効率化する。この機能を使用するにはMedia Composer 2019のすべてのバリエーションに対応する専用のプラグインが必要となる。CPUやGPUの重いタスクが終了するのを待つ必要がなくなり、ネットワークを介して複数のマシンで分散処理することによって時間が短縮される。

Media Composer 2019

解像度に関しては、8Kはもちろん16Kも対応した。16Kの編集環境は必ずしも必要ではないだろうが、新しい32ビットフルフロートカラーパイプラインによりこれが可能となった。 HDRも搭載されており、ACESワークフローもサポートされている。

Media Composer 2019

16K, anybody?

さらに、ログ記録、編集、エフェクト、カラー、オーディオ、フィニッシングなどをMediaComposerだけで処理することができる。アプリケーションで独立した機能を持つよりも、ワンストップですべてができる方が便利だ。

ツールセット

Media Composer 2019は、特定の役割に必要なツールのみを表示するようになり、これにより煩雑な画面を解決した。拡張FXライブラリも必要ない。ニーズと要件に合わせたツールのみが表示される。

Media Composer 2019

この機能にはMedia Composer | Enterprise editionが必要となる。また、これにはコンテンツをロックするセキュリティ機能があり、機密プロジェクトを不正な漏洩から保護することもできる。

筆者にとってAvidについての最も大きな不満の1つは、それが直感的ではないということだったが、これが改善されたのは特筆できる。筆者の知る限りでは、不要なパネル、ウィンドウ、設定を不要にするツールやワークフローを実現し、柔軟性を持たせたようだ。

Media Composer 2019

価格と発売時期

Media Composer 2019は現在提供されているバージョンに代わるもので、5月末に発売予定。3つのバリエーション、Media Composer First、Media Composer、Media Composer | Ultimateは新しい2019年バージョンにアップデートされる。

Media Composer 2019

価格は設定されていないが、現在のMedia Composerを定期契約する方法は変わらないだろう。月額19.99ドル(Media Composer)/月額49.99ドル(Ultimateエディション)で、1年間のライセンスを取得できる。永久ライセンスもあり、そのうちの1つは1.299ドル前後だ。

リンク:Avid

Leave a reply

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する