ブラックマジックデザイがVideo Assistのファームウェアをアップデート

ブラックマジックデザイがVideo Assistのファームウェアをアップデート

ブラックマジックデザイは、Video Assist 5″および7″のVideo Assist3.3のファームウェアアップデートをリリースした。このアップデートにより、Video AssistのUSB出力をWebカメラ出力として使用でき、ストリーミングに使用できる。

ブラックマジックデザインはIBC 2019で、5インチと7インチのVideoAssist 12GHDRを発表した。 Video Assist 5″および7″ 3Gに加え、VideoAssistのラインナップには4つのモデルがある。

Video Assistには、ポータブルモニター、レコーダー、ポータブルビデオモニタリングツール、およびカメラファインダーソリューションの機能がある。 今回のァームウェアアップデートにより、USB Type-C出力でビデオをストリーミングできるようになったため、ライブストリーミング機能も加わった。

The Blackmagic Video Assist 3G. Source: Blackmagic Design

Video Assist 3.3アップデート

以下は、この新しいファームウェアアップデートの変更点と新機能。

  • すべてのVideoAssist 12GHDRおよびVideoAssist 3Gの場合:USBWebカメラ出力のサポートが追加された
  • Video Assist 5” 3GおよびVideoAssist 7” 3Gの場合:オーディオモニタリングチャネルの選択が追加された
  • Video Assist 7” 3Gの新機能:さまざまなチャンネルへのXLRオーディオマッピングとXLR外部タイムコードを追加

このVideo Assist 3.3ファームウェアアップデートにより、USB-C接続にWebカメラサポートが追加される。つまり、Open Broadcaster、YouTube Live、Facebook Live、Skype、Zoom、Twitchなどの主要なストリーミングソフトウェアやプラットフォームを使用して、1080pのフルHD解像度でVideoAssistをパソコンやライブストリームビデオに接続できる。

The Blackmagic Video Assist 5″/7″ 12G HDRs. Source: Blackmagic Design

ビデオアシストをコンピューターに接続すると、カメラからのSDIやHDMIソースをストリーミングしたり、記録されている映像を再生したりする場合、コンピューターは一般的なWebカメラからの信号と見なす。これにより、世界中のどこからでも、例えばクライアントに撮影をライブストリーミングすることもできる。

価格と発売時期

Video Assist 3.3ファームウェアアップデートは現在無料でダウンロードできる。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する