広告

Bosmaが8K MFTシネマカメラ「Bosma G1 Pro」を発売

Bosmaが8K MFTシネマカメラ「Bosma G1 Pro」を発売

Bosmaは、数年前から開発を進めていた初のシネマカメラ、Bosma G1 Proを発売した。本機は8Kマイクロフォーサーズセンサーを搭載し、最大30pのProRes 422 12bitでCFast 2.0に内部記録することが可能なコンパクトカメラだ。また、HDMI出力を介してUHD 8K(7680×4320)、最大60pでの外部録画が可能。シネマカメラ市場のニューカマーとなる。

Bosmaは、8K超高精細映像の監視カメラなど、高精細なセキュリティカメラやスマートホームデバイスを製造する中国のメーカー。すでに2019年に入り、Bosma初のシネマカメラ「G1 Pro」を様々なトレードショーに出品している。

Image credit: Bosma

Bosma G1 Pro – 特徴

G1 Proは、1.2kgの重量に対して寸法がわずか12.6×10.8×10.8cmと、コンパクトなカメラだ。この箱型のデザインは、パナソニックのBGH1やZ CAM E2、最近ではRED Komodo/V-Raptorといった他のカメラを思い起こさせるかもしれない。

Image credit: Bosma

このマイクロフォーサーズカメラの内部には、Foxconn製の3300万画素の4/3″CMOSセンサー(18.84 x 10.60mm)が搭載されている。Bosmaによると、11ストップのダイナミックレンジを持つ。

G1 Proは、UHD 8Kで30フレーム/秒の内部録画が可能。さらに、HDMI出力を介して、UHD 8K で最大60fpsの外部録画が可能。内部では4Kと1080pで最大60fpsの記録が可能となっている。

記録フォーマットについては、H.264 8-bit 4:2:0 / H.265 10-bit 4:2:0 またはProRes 422 Proxy / LTと通常のProRes 422から選択することができる。もちろん、さまざまなProResフォーマットを選択することで、12ビット色深度の恩恵を受けることができる。

Image credit: Bosma

操作性と接続性

Bosma G1 Proは、以下のような複数の入出力ポートを備えている。

  • カメラコントロール用のRJ45イーサネットポート x1。
  • カメラの制御とデータ転送用のUSB Type-Cポート x1。USB-Cポートは、外部SSD録画/クラウドストレージにも使用できる。
  • CFast 2.0メモリカードスロットはカメラの左側面にある。
  • HDMI 2.1出力端子 x1。
  • Micro-XLR入力端子 x1。
  • Genlock入力×1、Timecode入出力×1。
  • 2.4GHzと5GHzのWiFiアンテナ x1。
Image credit: Bosma

カメラの操作部、ボタン、ステータス画面はすべてカメラの右側面にある。カメラの上部には5つの1/4″-20マウントポイントを備えている。

Image credit: Bosma

価格と発売時期

Bosma G1 Proは3,499ドルで販売中。

特にこのような価格帯では、販売は厳しいだろう。カメラの解像度がすべてではなく、ダイナミックレンジ、記録メディア、色彩学、人間工学などのパラメータが映像制作者にとって重要だ。さらに、そのカメラで撮った映像を見ずに購入するユーザーはいない。G1 Proは、より大きなイメージセンサーが主流となりつつある現在、少し遅すぎたと思う。

詳細と仕様については、こちらまたはBosmaのウェブサイトをご覧ください。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手