広告

BRAW Toolbox – Final Cut ProでBlackmagic RAWを編集するプラグイン

BRAW Toolbox - Final Cut ProでBlackmagic RAWを編集するプラグイン

BRAW Toolboxは、Final Cut Proのための新しいプラグインで、トランスコードせずにネイティブのBRAW映像を編集できるようにするもの。トランスコードも、待ち時間も、大量のProResファイルも不要になる。

AppleとBlackmagicは、圧縮RAWコーデックをめぐって競っている。Apple ProRes RAWはBlackmagicのDaVinci Resolveでサポートされておらず、BRAWはAppleのFCPでサポートされていない。通常、ちょっとした競争は良いことだが、この場合、ユーザーにとっては完全に迷惑なだけだ。

2つのコーデックの違いについては、Blackmagic RAWとProRes RAWの比較の記事をご覧ください。

LateNite Filmsのデベロッパー、Chris Hockingが開発したBRAW Toolboxは、そのすべてを変えてくれる。

筋金入りのFinal Cut Proユーザーである私たちは、クライアントから2~4TB相当のBRAW映像が入ったSSDを渡され、Final Cut Proで編集を始めるためにProResに変換しなければならないことに不満を感じていました。

From BRAWtoolbox.io

さらに、こう続けます。

BRAWファイルを直接Final Cut Proに読み込むだけで、RAWのフルコントロールと、すべてのカメラのメタデータにアクセスできるようになりました。

From BRAWtoolbox.io

BlackmagicのネイティブRAWフォーマットの映像を扱っているFCPエディターにとって、これは非常に嬉しいニュースだろう。これまでBRAWの映像は、何時間もかけてトランスコードしないとFCPに取り込めなかった。Color Finale Transcoderなどの他のプラグインは、BRAW映像のトランスコード処理を簡略化していたが、今回、ネイティブサポートに次ぐ最高のものが登場した。

このプラグインは、2つの公開APIを使用して開発された。ユーザーインターフェースはWorkflow Extensions、レンダリングはFxPlug4だ。開発者によると、このツールは「Apple Motionではフィルター、Final Cut Proではエフェクトに過ぎないが、ソースクリップを「処理」する代わりに、クリップの中身を処理済みのBRAWクリップに置き換える」そうだ。

この拡張機能では、すべての映像を準備し、クリップの設定を調整し、LUTSを追加し、取り込む前にこれらの設定をクリップ間でコピー&ペーストすることができる。そこからさらに、すべてのRAW設定を調整し、露出や色の補正のためのキーフレームを設定することもできる。

BRAW Toolboxを使えば、Final Cut Proのインスペクタパネル内にあるすべてのBRAWメタデータを完全に表示することができる。システムのスピードに合わせてデコーダ品質オプションを設定し、書き出す前に完全な品質のグローバル設定を強制することができる。

BRAW Toolboxのその他の機能

  • プロジェクトをResolveフレンドリーなFCPXMLに変換
    • プロジェクト/タイムラインをDaVinci Resolveに簡単にインポートできる形式に変換。
  • PROJECTをResolveに適したFCPXMLに変換(CP経由)
    • この機能は上記と同じですが、ファイル名の入力を求める代わりに、処理されたFCPXMLを直接CommandPostに送信して処理。
  • イベント内の BRAW クリップを再リンク
    • BRAW クリップを別のフォルダやマシンに移動した場合、このツールボックスを使用して、ファイルパスを簡単に調整することができる。
  • イベント内で BRAW クリップを MOV に変換
    • イベント内で、BRAW Toolbox クリップを MOV に変換することができる。
  • EVENT 内の Proxy クリップに BRAW Toolbox を追加
    • このツールボックスは、BRAW ファイルが添付されているイベント内のクリップに BRAW Toolbox エフェクトを追加する。

価格と発売時期

BRAW Toolbox は、Mac App Store から 79.99 ドルで直接購入できるが、2023 年 2 月 13 日までは、割引として 39.99 ドルで購入することができる。詳しくは、開発者のサイトをご覧ください。

画像はPixabayで撮影、CineDで加工しています。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する