広告

Canon EOS C70 ファームウェアアップデート v1.0.5.1 – 4Kイントラ録画と瞳AF

Canon EOS C70 ファームウェアアップデート v1.0.5.1 - 4Kイントラ録画と瞳AF

キヤノンは、シネマカメラEOS C70のファームウェア・アップデートv1.0.5.1を発表した。この新しいアップデートには、キヤノンのXCプロトコルのサポート、キヤノン709という新しいカスタムピクチャープロファイル、スローとファースト両方の撮影モードでの顔・瞳検出AFとトラッキング、そして新しい4Kイントラ録画モードが含まれている。来月上旬にリリース予定。

キヤノンEOS C70は約2年前に発売され、その後定期的にアップデートされている。今年初め、キヤノンはファームウェアアップデートv1.0.3.1を開始し、キヤノンRAWライトの内部記録機能を追加した。

今度のファームウェアアップデートv1.0.5.1は、EOS C70にとってすでに5回目となる。

下はCVPが制作した新しいファームウェアのアップデートについてのビデオ。

キヤノンEOS C70ファームウェアアップデートv1.0.5.1の新機能

キヤノンEOS C70ファームウェアアップデートv1.0.5.1では、いくつかの興味深い新機能が追加されている。まず、キヤノンのXCプロトコルに対応し、マルチカメラソリューションに簡単に統合できるようになった。キヤノンのRC-IP100リモートカメラコントローラとリモートカメラコントロールアプリケーションを介してC70を制御できる。

Image credit: CVP

次に、Canon709という新しいカスタムピクチャープロファイルがある。このCanon709ピクチャープロファイルは、WideDRピクチャープロファイルにかなり似ているが、コントラスト/彩度が高く、レンジ変換の問題を避けるためにスーパーホワイトを使用しないようになっている。

Image credit: CVP

ファームウェアのアップデートにより、600Mbpsで60P/50Pまでの新しい4Kイントラ記録オプションも導入された。これらの新しいイントラ記録オプションは、現在のXF-AVCイントラ410Mbpsコーデックに沿ったものとなる。

Image credit: CVP

オートフォーカスとその他の改善

キヤノンEOS R5 Cには瞳検出オートフォーカスが搭載されているのに、なぜEOS C70には搭載されていないのか不可解だったが、今回のファームウェアのアップデートで、EOS C70はついに瞳検出AFをサポートした。もちろん、上のビデオにあるように、同社のミラーレスカメラほどではないが、大いに歓迎される追加機能だ。

ファームウェアのアップデートにより、新しいキヤノンのFlex ZoomシネマレンズとCine-Servo CN8x15 IAS Sレンズがサポートされた。最後に、画面上のメーター表示で最大4つのオーディオチャンネルを監視できるようになった。

リリース時期

キヤノンEOS C70ファームウェアアップデートv1.0.5.1は、12月上旬にキヤノンのウェブサイトから入手できる予定だ。

Featured image credit: CVP.

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手