SPINNがカメラホルダーをKickstarterに登録

2019.7.1
SPINNがカメラホルダーをKickstarterに登録

カメラは確実に保持しながら、いざ撮影となるとすぐにカメラを構えたいものだが、そのようなカメラホルダーを見つけるのは簡単ではない。ドイツの会社SPINNは、カメラの底部に取り付けるブラケットを発売した。これはその解決法のひとつになるかもしれない。

カメラを確実に保持

カメラを持ち運ぶには2つの方法がある。

  1. ネックストラップで首からぶら下げる方法。多くのユーザーはこのスタイルではないだろうか。しかしカメラは不安定で、あちこちにぶつける心配がある
  2. 最近の方法は、カメラの下部にある1/4インチのネジ穴でカメラを固定する方法だ。これにより、カメラは固定されるが、これを接点にしてカメラが動いてしまうため、レンズが何かにぶつかる可能性がある。

SPINN CP.01はこれらの問題を解決する。これはPeak Designの解決策と似たものだ。

Spinn_01

The SPINN CP.01 mounting bracket.

SPINNマウンティングブラケット

SPINN CP.01は、小さなプレートで、ネジでカメラの底面に固定する。プレートの両側に2つのアイレットが付いており、ここにストラップを固定する。即ち、通常はカメラ本体にあるストラップホルダーにストラップを結び付けるが、これはカメラ底面のプレートに結び付ける。プレートは、アルカスイス互換なので、三脚にもすぐに取り付けられる。

プレートに取り付けられたストラップは、カメラの操作を妨げることはない。これにより、カメラは体にフィットし、歩いても揺れることはない。また、ストラップが垂れ下がって、カメラの操作ボタンやLCDモニターに覆いかぶさることもない。

これによりカメラを持ち歩く場合、カメラが邪魔になることはなく、自転車に乗ってもカメラは安全に保持される。

Spinn_02

価格と出荷時期

SPINN CP.01には、ベースプレートとネジ、アレンレンチ、保護バッグ、およびSPINNヘビーデューティカメラストラップが付属している。

Kickstarterキャンペーンはすでに全額出資されている。アーリーバード価格は85ドルだ。出荷開始予定日は11月上旬とされている。

なお、Kickstarterはショップでもマーケットプレイスでもなくクラウドファンディングなので、プロジェクトに投資する場合は一定のリスクがあることを認識しておいていただきたい。

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する