カルトーニがRed Lock三脚を発表

2019.9.21

IBC 2019で、カルトーニ(Cartoni)は、Red Lock三脚を発表した。この三脚は手頃な価格ながらプロ級の三脚だ。価格的には、多くの安価な三脚と競合できるほどに設定されており、75mm100mmのボウルヘッドをサポートする。

カルトーニは、中国メーカーとの競争も視野に入れている。軽量で大きな耐荷重の三脚が各社から発売されており、Red Lock三脚もそれらの三脚の競合となるものだ。

75mm 100mmボウルヘッドに対応

Red Lockには交換可能なステップアップリングがあり、75mmと100mmどちらのボウルヘッドも使用でき,

ステップアップリングにより、簡単に対応できる。ステップアップリングは強固なプラスチック製で、金属製のボウルヘッドがRed Lockの金属製ボウルを削るのを防ぐスペーサーとしての役割がある。このシンプルな機能は、多くの三脚に採用されている。

クイック折りたたみシステム

また、新しく採用されたデザインには、中央に取り付けられた非常にシンプルなクイック折りたたみシステムが搭載されている。片手で三脚のレバーロックを緩め、もう一方の手でベルトを引っ張ると、脚が中央に向かって倒れ、地面に向かって押して再びロックすることができる。(ビデオ参照)。

仕様、価格、発売時期

仕様はまだ最終のものではないが、スプレッダーを取り付けた状態でも約1mまで下げることができ、ほぼ目の高さにカメラを持ってくることができる。さらに、脚の重量は3kgのみだが、耐荷重はなんと60 kgだ。価格は、脚だけで約300ユーロ、スプレッダーとベース付きのパッケージは約420ユーロとされている。

各種サイズのボウルヘッドと組み合わせてフルパッケージで販売する計画もある。

Leave a reply

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する