CineMatch V1.05がリリース - LUTエクスポートを追加

CineMatch V1.05がリリース - LUTエクスポートを追加

カメラマッチングプラグインのCineMatchは、PremiereProでの数値入力を備えた標準コントロールと、LUTエクスポート機能を追加するアップデートv1.05をリリースした。プラグインは現在、Adobe PremiereProとDaVinciResolveに対応し、199ドルで購入できる。

マルチカメラで撮影する場合、画像の色を一致させることは時間のかかる作業となる。 FilmConvertはかなり長い間カメラ固有のLUTを提供している。そして2017年、FilmConvertはNLE用のプラグインとしてCineMatchを開発した。

2020年10月に、CineMatchの設計者にインタビューした。その後CineMatchは2021年2月末にv1.04アップデートを受けている。今回、さらにアップデートv1.05がリリースされた。

CineMatch – Update V1.05

アップデートのリリースノートには、次の改善点が記載されている。

  • LUTエクスポート:一致した設定でLUTがエクスポートできる
  • Premiere Pro:標準のコントロールが追加され、コントロールの数値入力が可能

現在プロジェクトで使用している場合は、アップデートすると以前にインストールされたバージョンが上書きされるため、注意いただきたい。

CineMatchは各種カメラをサポートしており、常に新しくリリースされたカメラを追加している。現在サポートされているカメラのリストはこちら

価格と発売時期

CineMatchプラグインはWindowsとmacOSでに対応しており、AdobePremiereとDaVinciResolveで使用できる。 AppleのFinalCut ProXのバージョンは現在開発中。現在のところ、これら3つのNLE以外をサポートする計画は無い。

Pricing. Image Credit: CineMatch

正規価格は各プラグインあたり259ドル、PremiereとResolve両方のバンドルは389ドル。ただし現在、Cine Matchでは20%オフになっており、1つのプラグインで199ドル、両方のバンドルは299ドルになる。無料トライアルも用意されている。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する