Colourlab AiがAIベースのグレーディングソフトの新バージョンをリリース

Colourlab AiがAIベースのグレーディングソフトの新バージョンをリリース

Colourlab Aiは、AIベースのカラーグレーディングソフトウェアの新バージョンv1.2をリリースした。このバージョンでは、カメラのマッチングプロセスをさらに自動化する新しいカメラプロファイルツールが追加されている。また、ARRI Raw、Codex HDE(高密度エンコーディング)、CANO​​N Raw、新しいルックのライブラリなどのサポートも含まれている。

昨年9月、CineDはDado Valentic氏との独占インタビューを行った。受賞歴のあるカラーリストとして、Valentic氏はデジタルフィルムカメラのカラーサイエンスの主要な開発者の1人だ。

Valentic氏は、AIを使用してグレーディングプロセスを加速するソフトウェアを開発する革新的な会社Colourlab AiのCEO兼創設者でもある。

Colourlab Aiの概要

基本的に、Colourlab AiのソフトウェアはAIを使用して、写真やクリップの構成を分析する。これには、クローズアップ、エクステリア、ナイトショットが含まれる。

colourlab ai
image credit: Colourlab Ai

AIはこれらのタイプの画像の違いを認識し、その情報を使用して同じルックを他のフッテージと正確、迅速、簡単に一致させることができる。また、異なるカメラ間でも簡単に一致させることができる。

注意すべき重要な点は、Colourlab Aiのソフトウェアは最終的な仕上げはしないこと。それはカラリストが行い、あくまでもカラリストの作業を補佐する存在だ。

Colourlab Ai v1.2の新機能

v1.1アップデートでは DaVinci Resolve用のLook Designerプラグインの直接統合、新しい「Frames of Interest」ツール、およびAppleのM1のサポートを追加したが、バージョン1.2はこれに続くもの。

新機能はまず、新しいカメラプロファイルマネージャーがある。これにより、さまざまなソースからメディアが検出され、適切なカラー管理されたカメラプロファイルがそれらのクリップに自動的に適用される。カメラプロファイルの割り当ては、他のカラーグレーディングアプリケーションでは依然として手動で行われていることが多い。さらに、メタデータなしでメディアへのカメラプロファイルの割り当てを最適化するためのインターフェイスと、独自のカスタムカメラプロファイルをインポートおよび管理する機能がある。

このアップデートには、Colourlab AiとFinalCut Proの統合の最初のステップも含まれている。ユーザーは、タイムラインをFCPからColourlab Aiに直接ドラッグし、FCPで新しく追加された映像を一致させ、レンダリングして再リンクすることができる。 Adobe Premiereでは、PremiereプロジェクトからエクスポートされたXMLをインポートすることにより、同じワークフローを活用することもできる。

このリリースには、Valentic氏自身が作成したショールックのセレクションであるEssential Look Pack – Volume1も含まれている。これらのルックはパラメトリック、つまり、Colourlab Ai内のLoo k Designerツールセットでさらに変更および編集できる。

Colourlab Ai v1.2
image credit: Colourlab Ai

最後に、Colourlab Aiは、学生とインストラクターに教育カリキュラムと割引を提供する新しい教育イニシアチブも発表した。 Steiner StudiosのBrooklyn College Barry R. Feirstein大学院シネマ大学院は、「Colourlab Aiを公式にカリキュラムに取り入れた米国の大学」として発表された。

さらに、同社は、Vasiliy Kostomarov(ロシア)、Filippo Cinotti(イタリア)、Blake Jones(ドイツ)など、主要な国際オンライントレーナーとのパートナーシップを構築して、オンライン学習リソースをさらに拡大している。

Link: Colourlab.ai

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する