広告

DaVinci Resolve 18最終リリースへ

DaVinci Resolve 18最終リリースへ

Blackmagic Designは、DaVinci Resolve 18の最終版をリリースし、ベータ版を終了した。Resolve 18の主な新機能は、リモートコラボレーション用のBlackmagic Cloudサポート、DaVinciプロキシワークフロー、新しいResolve FX、字幕の改善、AIイメージスタビライズ、FlexBusに固定されたFairlightだ。Resolve 18は、Blackmagic Designのサポートウェブページで公開中。

2022年4月、ラスベガスで開催されたNABショーで、Blackmagic Designは新しいDaVinci Resolve 18 Betaを発表した

DaVinci Resolveの新世代のソフトウェアと同様に、ソフトウェアはベータ版としてスタートし、バグや安定性の問題を解決し、新機能を微調整するために数回のアップデートが行われた。数ヶ月に及ぶベータ版のリリースを経て、Blackmagic Designは、DaVinci Resolve 18の最終リリースバージョンを発表した。

DaVinci Resolve 18の最終リリース版

Resolve 18の最も注目すべきアップデートは、リモートコラボレーション用のBlackmagic Cloudサポート、DaVinciプロキシワークフロー、新しいResolve FX、字幕の改善、AIイメージスタビライズ、FlexBusに固定されたFairlightだ。Resolve 18の新しい主要機能の一覧は以下の通り。

  • Blackmagic Cloudによるクラウドベースのプロジェクトライブラリのホスティングと管理
  • Blackmagic IDを使用したインターネット上でのセキュアなコラボレーション
  • ファイルを自動的に再リンクするインテリジェントパスマッピングのサポート
  • ネットワークワークフローにおけるプロジェクトライブラリのパフォーマンスが大幅に向上
  • 特に大規模なプロジェクトを扱う際のプロジェクトパフォーマンスの向上
  • ウォッチフォルダ内にプロキシを自動作成するProxy Generatorアプリを新たに追加
  • プロキシを優先するか、カメラのオリジナルを優先するかを選択可能
  • サブフォルダ内のプロキシファイルはメディアプールで自動的に割り当てられる
DaVinci Resolve 18
image credit: Blackmagic Design

DaVinci Resolve 18の新機能の全リストは、アプリ内の各セクションまたはページに対応するセクションに分かれている。

Media とEdit

  • カメラジャイロメタデータを使用したBlackmagic Pocket Cameraクリップのスタビライズ
  • 以下のような新しい字幕の改善。
    • タイムドテキストTTML、XML、埋め込みMXF/IMFサブタイトルのサポート
    • メディアストレージから字幕を表示、読み込み可能
    • メディアプールからのサブタイトルクリップの再リンクに対応
    • トラックごとに複数の同時字幕を表示する字幕リージョンをサポート
    • 個々のプリセット、テキスト位置の設定、リージョン間の直感的な編集が可能
    • タイムラインコンテキストメニューからリージョンを追加、名前変更、管理
    • トラックヘッダーのコンテキストメニューからTTML字幕の書き出しが可能
    • 複数の字幕トラックをTTMLとして読み込み、書き出し、埋め込むことが可能
  • 編集ページでシェイプ、アイリス、ワイプのトランジションを反転させることが可能
  • ビューアで最大25のマルチカムアングルを同時に表示することが可能
  • 編集インデックスにクリップの長さが表示されるようになった
  • トリミングされたクリップの外側にあるキーフレームをナビゲートすることが可能
  • ホットキーを使ってリタイムのキーフレームをナビゲートする機能
  • 無効化されたタイムライン用のスマートビンフィルタ
  • Render in place と Open in Fusion アクションにショートカットを設定可能
  • Fusionコンポジションのリセットは、複数のクリップを選択した場合にも機能する

Color

  • Magic Mask の新しいオブジェクトマスク機能
  • 調整クリップとFusionジェネレータは、カラーマネージメントをバイパスすることができる
  • リモートグレーディングセッションでのクリップグループの同期をサポート
  • アドバンスドパネルとミニパネルからの双方向トラッキングのトリガー機能
  • アドバンスドパネルとミニパネルでのマットフィネスと3Dクオリファイアのサポート
  • アドバンスドパネルでのDolby Visionハイライトクリッピングのサポート
  • アドバンスドパネルからのカラー出力のバイパスに対応
  • アドバンスドパネルからの自動接続されたキーアウトによるキーミキサーの追加
  • アドバンスドパネルでの双方向トラッキングのサポート
  • アドバンスドパネルでのファストレビュー再生モードのサポート
  • Blackmagic Gen 5カメラフォーマットのACESサポート
  • HDR Vivid規格のサポート
  • ACES 1.3のデフォルトで有効なリファレンスガマットコンプレッション

Resolve FX

  • Studioで3D深度ベースのキーを生成する新しいResolve FX Depth Map
  • 新しいResolve FX Fast Noise
  • 新しいResolve FXのデスピル
  • Studioで歪んだサーフェイスをトラッキングするResolve FX Surface Trackerの新バージョン
  • 新しいウルトラモードによるResolve FX Beautyの改善
  • Resolve FX Edge Detectionのエッジの強さとフィルターコントロールの改善
  • Resolve FX Transformの2つ目の入力から合成するオプション
  • Resolve FX Lens Reflectionsの新しいボケのプリセット
  • Resolve FX Chromatic Aberrationのグリーン-パープルコントロール
  • Resolve FX レンズフレア、ラジアル&ズームブラーにおけるサイズ認識オプション

Fairlight

  • プロジェクト設定で固定バスのプロジェクトをFlexBusに変換する機能
  • ミキサー内のトラックとバスをトラックインデックスで自由に並べることが可能
  • タイムラインのカスタムミリ秒またはサブフレーム間隔をナッジする機能
  • タイムストレッチャーオーディオの品質向上
  • Dolby Atmosイマーシブミキシングの向上(バイノーラルモニタリングを含む
  • LinuxとAppleのシリコンでDolby Atmosの制作をネイティブサポート
  • オートメーションとパラメータを公開するための独立したコントロール
  • VCAコントロール下での自動化トラックの動作改善
  • 減衰、ピークホールド、表示モードが設定可能な改良されたメーター
  • ctrl-altクリックでゲインと弾性波のキーフレームを削除する機能
  • タイムラインのクリップをダブルクリックして名前を変更する機能
  • クリップ名の接頭辞をトラック単位で設定可能
  • リンクされたグループの名前を変更する際に、下のトラックの名前を変更することが可能
  • Qコントロールとマウスホイール入力を改善したイコライザー
  • ダイナミクス:メータリング、ゲイン表示、イネーブルコントロールを強化
  • ダイナミクス:ドライミックス、ソフトニー、FlexBusでのメータリングの改善
  • プラグイン管理の改善(ミキサーでの置換とコピー設定
  • イコライザーとダイナミクスのプリセットを新たに内蔵
  • シフトを押しながらクリップをダブルクリックすると、編集の選択範囲が広がる
  • 範囲選択時のオーディオゲインの適用に対応
  • クロスフェード時の波形表示精度の向上
  • ミックスをトラックにバウンスする際、オリジンタイムのメタデータが保持されるようになった
  • Fairlight Desktop Console 上でユニティからトリムするオプション
  • Fairlight Desktop Console での VCA とバススピルのサポート
  • Linux システムでのFairlight デスクトップコンソールの使用サポート
  • コンソールでのFlexBusのスタジオモニタリングサポート
  • タイムラインロード時にスピーカーをミュートするためのFairlight コンソールオプション
  • Fairlight オーディオインターフェイスを介したタイムコードチェイスのサポート
  • Fairlight デスクトップコンソールでのユーザービューのサポート。
  • オーディオエディタパネルでのオーディオエフェクトのマッピングの改善
  • オーディオエディターパネルでソロセーフを呼び出すために alt + solo を使用する機能
  • タイムラインメニューの新しいクリアミュートアクションのサポート
  • トラックミキサーコントロールを有効にすると、すでに開いている場合はウィンドウにフォーカスされる
  • グリッドとリストモードはパッチ、バスとVCAの割り当てに適用される

Fusion

  • インスペクタで複数のツールのマルチボタンモードを選択可能
  • スクリプトのために、すべての最新と未来のPython 3 バージョンをサポート
  • Text+ カラーピッカー使用時のライブプレビューに対応
  • 複数の新しいコンポジションブレンドモード
  • マスクとストローク用の新しいエクスプレッションアニメーションカスタムポリモディファイア
  • GPU加速によるペイントツールの高速化とストロークのスムーズ化
  • ブラー、グロー、サイズコントロールが追加された高速なデュプリケートツール
  • フェードオンとテキストリプルタイトルのパフォーマンスの向上
  • ナイトビジョン、グリッチ、TV、その他のエフェクトのパフォーマンスの向上

Codecs

  • Blackmagic RAW SDK 2.6をサポート
  • カスタムプリセットを使用したインターネットアカウントへのビデオアップロードに対応
  • モノラルとステレオのMP3オーディオのエンコードに対応
  • クイック書き出しと配信ページでの新しいHyperDeck書き出しプリセット
  • タイムラインエフェクトで個々のクリップをレンダリングする機能
  • QuickTimeレンダリングにBlackmagic RAWメタデータを埋め込むことが可能
  • カスタム品質とプロファイルのメディア管理オプション(利用可能な場合
  • Dolby Vision互換のH.265クリップのレンダリングに対応
  • CMYKフォーマットTIFFファイルのデコードに対応
  • レンダリングされたEXRのリール名メタデータの保持に対応
  • JPEG静止画の記録日時メタデータをサポート
  • IO Encode Plugin SDKでアルファチャンネルをサポート
  • RED SDK 8.3への対応
  • ARRI Alexa 35カメラに対応
  • 新しい1440p YouTubeプリセット
  • ACES色域圧縮を往復で上書きするレンダーオプション
  • Main10は、MacのデフォルトのH.265エンコーディングプロファイル

General

  • StudioでWindowsとLinuxの10ビットビューアをサポート
  • StudioでWindowsとLinuxのリモートモニタリングにビデオ出力をストリーミング
  • M1およびM1 ProのDaVinci Neural EngineでApple Neural Engineをサポート
  • DaVinci Resolveの韓国語ローカライズに対応
  • PostgreSQL 13 が Project Server にバンドルされた
  • コラボレーションチャットのデスクトップ通知に対応
  • MacでFinderタグをクリップキーワードとして読み込むかどうかをユーザが選択可能
  • Final Cut Pro v1.10 XMLの読み込みと書き出しに対応
  • タイムラインのDropboxコメントとマーカーの同期を解除できるようになった
  • 再生とレンダリングで Mac システムのスリープを防止するよう修正
  • レンダリングジョブでアップロードの進捗バーを表示するよう修正
  • コラボレーションとクラウドでシステムごとのプロジェクト作業パスをサポート
  • コラボレーションとクラウドでシステムごとのレンダーキャッシュモードをサポート
  • 現在のプロジェクト設定をデフォルトとして設定できるようサポート
  • プロジェクトアーカイブをプロジェクトマネージャにドラッグ&ドロップすることで復元可能
  • スクリプトAPIによるFusionコンポジションの作成に対応
  • スクリプトAPIによるプロジェクトアーカイブのエクスポートに対応
  • スクリプトAPIによるタイムラインのスタートタイムコードの取得と設定に対応
  • 古くなったメディアビンを検出し、更新するスクリプトAPIに対応
  • カメラRAWサイドカーファイルの更新のためのスクリプトAPIサポート
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上

価格と発売時期

従来通り、DaVinci Resolveの最新版はBlackmagicサポートセンターから無料でダウンロードできる。DaVinci Resolve 18のフルStudioライセンスも同ページで入手できるが、起動するにはアクティベーションコードを購入する必要がある。2台のコンピューター用のフルライセンスは現在42,661円。また、Blackmagic Designの新しいカメラにはすべてこのライセンスが付属している。

DaVinci Resolveのインストーラーに、新しいスタンドアロンアプリケーションBlackmagic Proxy Generator Liteが追加された。DaVinci Resolve Studioのインストーラーには、新しいBlackmagic Proxy Generatorと新しいDaVinci Resolve Monitoringアプリが含まれている。これらに加えて、DaVinci Resolve Project Serverの新バージョンが、Mac OS用とWindows用をサポートページからダウンロードできる。

プロジェクトライブラリに関しては、DaVinci Resolve 18ではResolve 18.0b5およびそれ以前のすべてのバージョンからプロジェクトライブラリをアップグレードする必要がある。このリリースにアップグレードする前に、既存の(ディスクベースおよびPostgreSQLベースの)プロジェクトライブラリをバックアップしておくことを強くお勧めする。プロジェクト・ライブラリを18にアップグレードすると、そのライブラリを以前のバージョンのDaVinci Resolveで使用することができなくなる。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手