広告

DJI RS 3とRS 3 Proジンバルを発表 – LiDARフォーカス搭載

DJI RS 3とRS 3 Proジンバルを発表 - LiDARフォーカス搭載

新しいDJI RS 3(RSC 2後継機)は、最大3kgのカメラを搭載でき、スタビライザー性能が20%向上し、より大きな1.8″OLEDタッチスクリーン、自動軸ロックが搭載されている。DJI RS 3 Pro(RS 2後継機)は、最大4.5kgのカメラを搭載可能で、RS 3と同じ新機能に加え、大型カメラ用の長いアーム、LiDARフォーカスシステム、DJI Transmission、各種アクセサリーやマウントオプションが提供される。すべてのジンバルは、現在549ユーロから。

DJIは、2つの新しい片手持ちジンバル、DJI RS 3とRS 3 Proを発表した。

Roninの状況

最初のDJI Roninハンドヘルドスタビライザーはすでに2014年にさかのぼり、それ以来大きな発展が見られなかった。DJIのハンドヘルドスタビライザーラインナップの最後のアップデートは、2020年10月のDJI RS 2とRSC 2の発表だった。どちらのジンバルもかなり人気があり、特に大型のRS 2は、多様なリグ、カーマウント、ステディカムコンボなどに採用された。より重いカメラのために、DJIは2017年に発表されたRonin 2を提供しており、今でもプロに強く人気がある。

Roninファミリーについて:10月に、DJIはプロ向けの新しいカメラ、 Ronin 4Dを発表した – この4軸スタビライズドフルフレームビーストのレビューとラボテストも参照いただきたい。これは一種の撮影ツールの新しいカテゴリを作成した。

DJI RS 3 – 新しいコンパクトなジンバル

DJI RS 3 gimbal. Source: DJI

最初の新しいジンバルは、DJI RS 3と呼ばれる。ネーミングがちょっと引っかかるが、そのスペックから判断すると、このジンバルはRS 2ではなく、RSC 2の後継機と思われる。重量は1.3kg、耐荷重は3kg弱だ。DJIは、RS 3が第3世代の安定化アルゴリズムを搭載し、RSC 2よりも20%性能が向上したと述べている。 これにより、ローアングルでの撮影、走行中の撮影、移動中の車両からの撮影が容易になる。

ジンバルに自動軸ロックが搭載され、ジンバルの電源を入れると、すべてのアームのロックが自動的に解除され、展開されるようになった。いわゆるSuperSmoothモードは、100mmまでの長い焦点距離を安定させるのに役立つ。電源ボタンを1回タップするとスリープモードになり、電源オン、収納、移設がより迅速に行えるようになった。また、クイックリリースプレートによるポジションメモリーにより、繰り返しバランスを取る必要がない。さらに、Bluetoothシャッターボタンの追加により、カメラコントロールケーブルを接続することなく、自動接続する。

DJI RS 3 in flashlight mode. Source: DJI

ジンバルを制御するために、RS 3はRSC 2のものよりはるかに大きい新しい1.8″有機ELタッチスクリーンを備えている。 また、パンフォロー、パンとチルトフォロー、FPVモードを交互にスライドできる物理ジンバルモードスイッチも搭載されている。RS 3のバッテリーは最大12時間の動作が可能で、18WのPD急速充電にも対応している。バッテリーは単独で、または使用中に充電することができる。

DJI RS 3 Pro – より長いアームとLiDARフォーカス

DJIは、ジンバルのアームを再設計し、1枚のカーボンファイバーを使用して、重量を抑え、ジンバルアームをより強くしたと述べている。これらはまた、ソニーFX6、キヤノンC70、RED Komodoなどのカメラに容易に対応する。RS 3 Proの重量は1.5kg、耐荷重は4.5kgで、これはRS 2と同じだ。RS 3と同様に、Proバージョンも自動軸ロック、Bluetoothシャッターボタン、1.8インチOLEDタッチスクリーン、ジンバルモードスイッチを備えている。

DJI RS 3 Pro on a steadycam rig. Source: DJI

また、 Ronin 4Dと同様に、DJI RS 3 ProがLiDARレンジファインダーシステムをサポートし、マニュアルレンズにオートフォーカス機能を装備できる。DJIによると、LiDARシステムは、オートフォーカスのための正確な3Dマップを提供するために、14メートルの屋内エリア内に43,200の測距点を投影する。さらに、距離計には30mmカメラが内蔵されており、高感度なターゲット識別とトラッキングを行うActiveTrack Proを実現している。

DJI RS 3 Pro. Source: DJI

RS 3 Proは、デュアルRSA/NATOポートとバッテリーポートにより、新しいブリーフケースハンドル、ツイストグリップデュアルハンドル、テザーコントロールハンドルなど、様々なアクセサリーに接続することができる。また、モニターがジンバルのモーションコントローラーとして機能するため、RS 3 ProはDJI Transmissionシステムとの相性も良い。

DJI RS 3 Pro with LiDAR rangefinder. Source: DJI

Zenmuse X9の延長ケーブル&Lマウントのアライアンス

以前お知らせしたように、DJI Ronin 4Dは、以前発表されたProRes RAWの代わりに、Apple ProRes 4444 XQコーデックを内部的に提供する予定だ。 Ronin 4Dについて言えば、Zenmuse X9に、スタビライズされたセンサーヘッドを重いカメラ本体から切り離して操作できるようにする延長ケーブルが付くというニュースもある。X9を搭載できる新世代のプロ用ドローンの登場をまだ待たなければならないが、これも歓迎すべきことだろう。

Zenmuse X9 extension cable. Source: DJI

DJIからのもう一つの新しい発表は、今日からLマウントのアライアンスに参加するということだ。これを象徴する最初の製品が、 Ronin 4DカメラでLマウントレンズの使用を可能にするZenmuse X9 L-Mountユニット。今後、DJIがLマウント向けにどのような製品を投入するのか、気になるところだ。

価格と発売時期

DJI RS 3とDJI RS 3 Proはどちらも現在発売中で、それぞれスタンドアロンとコンボの2つのバージョンがある。

スタンドアロンのDJI RS 3の価格は66,000円で、ジンバル1台、BG21グリップ、USB-C充電ケーブル、レンズ固定サポート、拡張グリップ/三脚(プラスチック)、クイックリリースプレート、マルチカメラコントロールケーブル、ネジキットが同梱される。

DJI RS 3 combo. Source: DJI

DJI RS 3コンボの価格は79,200円で、さらにブリーフケースハンドル1個、フォーカスモーター(2022)、フォーカスモーターロッドキット、フォーカスギアストリップ、マルチカメラコントロールケーブル2本目、キャリングケース1個が含まれる。

単体のDJI RS 3 Proの価格は99,000円で、ジンバル1台、BG30グリップ、USB-C充電ケーブル、レンズ固定サポート(拡張)、拡張グリップ/三脚(金属)、クイックリリースプレート、ブリーフケースハンドル、マルチカメラコントロールケーブル、ネジキット、キャリングケースが含まれる。

DJI RS 3 Pro combo. Source: DJI

DJI RS 3 Proコンボの価格は123,200円で、さらに拡張クイックリリースプレート1枚、スマホホルダー、フォーカスモーター(2022)、フォーカスモーターロッドキット、フォーカスギアストリップ、Ronin画像送信機(旧名:DJI RavenEye Image Transmission System)、フックアンドループストラップ2本、追加ケーブルが含まれている。

DJIのサイトはこちら

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

Get 25 FREE Music Tracks for your next film projects