広告

DJIがRS 3 Miniを発表 – 軽量ジンバル、より簡単な縦位置撮影モードを搭載

DJIがRS 3 Miniを発表 - 軽量ジンバル、より簡単な縦位置撮影モードを搭載

DJI RS 3 Miniは、重量850gの新しい3軸ジンバルスタビライザーで、最大2kgまでの機材を搭載することができる。二重構造のクイックリリースプレートの設計により、カメラをサイドアームに直接取り付けて縦位置撮影ができるため、軽量化が図られている。このジンバルは現在51,480円で販売されている。

中国のハイテク大手DJIは、新しい3軸ジンバルスタビライザーを発表した。昨年DJIはRS 3とRS 3 Proを発表したが、今回はより軽いミラーレスカメラのために、よりコンパクトで軽い RS 3 Miniをリリースした。

DJI RS 3 Mini – 携帯性にすぐれたコンパクトジンバル

RS 3 Mini gimbal. Source: DJI

DJIは、RS 3 Miniは同社最小のカメラジンバルと述べているが、それでもプロレベルの機能を備えている。では、実際にどれくらい軽いのだろうか。DJIによると、RS 3 Miniの重量は縦位置モードで795g、水平モードで850gで、RS 3 proと比較すると50%軽量化されている。

軽量化されたにもかかわらず、このジンバルは最大2kgのカメラを搭載することができる。DJIは、対応するいくつかのカメラとレンズの組み合わせに言及している。Sonyソニー a7SIII + 24-70mm f/2.8 GMレンズ、キヤノン EOS R5 + RF24-70mm f/2.8 STMレンズ、富士フイルム X-H2S + XF 18-55 mm f/2.8-4 lensだ。対応するカメラ機種の一覧は、DJIの互換性ページで確認できる。私の経験では、セットアップがフロントヘビーになりすぎることが多いので、カメラよりもレンズが互換性に影響する。

RS 3 Mini size comparison with RS 3 and RS 3 Pro. Source: DJI

より簡単になった縦位置撮影

縦位置モードでの軽量化は、DJIの二重構造のクイックリリースプレート設計によって可能になった。クイックリリースブラケットはジンバルのサイドアームに直接取り付けられ、ロアアームは完全に取り外すことができるため、垂直方向の撮影が非常に簡単になる。縦位置方向の撮影時に、更に軽量化を図れる。さらに、RS 3 Miniは、新たに湾曲した配置ガイドを備えたアッパープレートを採用し、カメラの回転やゆるみを防止している。

その他の特徴

RS 3 Mini gimbal. Source: DJI

側面にはNATOポートがあり、DJIブリーフケースハンドル、フィルライト、マイクなどのアクセサリーを取り付けることができる。Bluetoothワイヤレスシャッターコントロールにより、録画開始/停止ボタン、フォーカスやズームのためのフロントダイヤルなど、対応するカメラの多くの機能をジンバルから操作することができる。Roninアプリを使用すれば、タイムラプス、トラック録画、パノラマなどのインテリジェント撮影機能をRS 3 Miniで設定することができる。

RS 3 Mini gimbal with briefcase handle. Source: DJI

DJIによると、RS 3 Proで知られる第3世代の安定化アルゴリズムにより、スムーズな動きを確保できる。ジンバルアームは360°回転することができる。RS 3 Miniは、コントロールと設定を簡単にするために、1.4″カラータッチスクリーンを搭載している。バッテリーは取り外し可能なハンドルに内蔵されており、DJIは、RS 3 Miniはフル充電で最大10時間動作可能で、約2.5時間かかるとしている。

RS 3 Mini gimbal and the Ronin app. Source: DJI

価格と発売時期

DJI RS 3 Miniは現在発売中で、価格は51,480円に設定されている。

RS 3 Mini gimbal. Source: DJI

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手