広告

TiltaがGoPro HERO11、Insta360 X3、DJI Osmo Action 3用のケージをリリース

TiltaがGoPro HERO11、Insta360 X3、DJI Osmo Action 3用のケージをリリース

Tiltaは、GoPro HERO11用、Insta360 X3用、DJI Osmo Action 3用の3つの新しいアクションカメラケージをリリースした。3つのケージはすべて、カメラの保護層を増やし、ケージの周囲に複数のマウントポイントとコールドシューマウントを追加して、カメラアクセサリーを取り付けることができる。

先日、初公開したHydra Arm Miniに続き、Tiltaは2022年9月に発売されたGoPro HERO11、Insta 360 X3DJI Osmo Action 3用のカメラケージをより手頃な価格でリリースした。

Tilta GoPro HERO11 Cage - Image credit: Tilta
Tilta GoPro HERO11 Cage – Image credit: Tilta

Tilta GoPro HERO11用ケージ

TiltaのGoPro HERO11用のケージはアルミニウム合金製で、カラーはピンク、ブラック、チタングレーの3色。GoPro HERO11を包み込み、どのボタンにも干渉しないようになっている。

Tilta GoPro HERO11 Cage from the back. Image credit: Tilta
Tilta GoPro HERO11 Cage from the back. Image credit: Tilta

ケージには、位置決めピンと2つのコールドシューマウントを備えた2つの1/4″-20マウントポイントがある。

Tilta GoPro HERO11 Cage mounted on a car with a suction mount. Image credit: Tilta
Tilta GoPro HERO11 Cage mounted on a car with a suction mount. Image credit: Tilta

また、底部にはGoPro折りたたみ式アクセサリーマウントがあり、すべてのHERO11アクセサリーと互換性を保っている。

さらに、左側面のワンステップロックにより、カメラをケージに入れるのも素早くできる。このワンステップロックシステムにより、カメラのバッテリーの交換も簡単に行える。

Tilta GoPro HERO11 Cage with the filter tray adapter. Image credit: Tilta
Tilta GoPro HERO11 Cage with the filter tray adapter. Image credit: Tilta

オプションで、52mmフィルタートレイアダプターリングや、GoProマイクアダプターに対応したマウントブラケットなどが用意されている。

Tilta Insta360 X3 Cage. Image credit: Tilta
Tilta Insta360 X3 Cage. Image credit: Tilta

Tilta Insta360 X3ケージ

Tilta Insta360 X3は、GoPro HERO11用と同様の作りになっている。

  • ケージは全体がアルミニウム製
  • クイックリリースシステムにより、カメラをケージ内にスライドさせ、レバー1つで所定の位置にロックすることができる
  • すべてのボタン/開口部にアクセス可能
Tilta Insta360 X3 Cage from the front. Image credit: Tilta
Tilta Insta360 X3 Cage from the front. Image credit: Tilta

マウントポイントは、Tilta Insta360 X3ケージには1/4″-20マウントポイントが2つとコールドシューマウントが1つあるだけだ。ケージの上部には回転式のサポートブラケットがあり、カメラを平らな面に置いたときに球体レンズを傷から守ってくれる。

Tilta Insta360 X3 Cage mounted with a selfie stick on a car. Image credit: Tilta
Tilta Insta360 X3 Cage mounted with a selfie stick on a car. Image credit: Tilta

最後に、ケージの底部には折りたたみ式のGoProマウントがあり、すでに持っているアクセサリーを使用できる。

Tilta DJI Action 3 Cages. Image credit: Tilta
Tilta DJI Action 3 Cages. Image credit: Tilta

Tilta DJI Osmo Action 3 ケージ

Tilta DJI Osmo Action 3ケージも全体がアルミニウム製で、重量はわずか70g。さらに、このケージは両面クイックリリースデザインを採用しているので、カメラの出し入れやバッテリーの交換を素早く行うことができる。

Tilta DJI Action 3 Cage from back and front with camera. Image credit: Tilta
Tilta DJI Action 3 Cage from back and front with camera. Image credit: Tilta

ケージの上部には、外部電源ボタンとコールドシューレシーバーがある。左側には、位置決めピンを備えた1/4″-20のマウントポイントも用意されている。

Tilta DJI Action 3 Cage with magnetic 1/4"-20 mounting baseplate. Image credit: Tilta
Tilta DJI Action 3 Cage with magnetic 1/4″-20 mounting baseplate. Image credit: Tilta

箱の中には、必要に応じて底面や左側面に取り付けることができる、1/4″-20のマグネット式マウントベースプレートも入っている。ケージは、Tiltaのマグネット式CPL、UV、NDフィルターに対応している。

The three new action camera cages from Tilta. Image credit: Tilta
The three new action camera cages from Tilta. Image credit: Tilta

価格と発売時期

GoPro HERO11用のTiltaケージは39ドル、Insta360 X3用のケージは45ドル、DJI Osmo Action 3用は49ドルで、どの製品も1月19日まで10%リベートで予約受付中。すべてのケージは、その後2~3週間で出荷を開始する予定。

詳しくは、こちらのTiltaのウェブサイトをご覧ください。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手