広告

GoPro HERO11 vs. DJI Osmo Action 3徹底比較

新しいGoPro HERO11とDJI Action 3がCineD本社に到着しました。そこで、私はこの2つを2ヶ月間にわたって様々なシーンで使ってみた。撮影した映像、そして両カメラの詳細な比較についてレポートする。

GoProは例年9月に新しい機材を発表しているが、今回はDJIがそれに続いた。まず最初に、カメラのスペックについて触れておこう。HERO11についてはこちらを、Action 3についてはこちら。

The DJI Osmo Action 3 and GoPro HERO11 – Slightly used after two months. Image credit: CineD

技術が進むにつれ、DJI Osmo Action 3とGoPro HERO11を見ても、機能セットや画質の大きな違いを明確に区別することが難しくなっている。そこで、異なるシナリオで長期間使用することで、両者を徹底的にテストし、比較してみた。

よくあることだが、私がビデオと記事を仕上げようとした矢先に、DJIはAction 3用の新しいファームウェア(V01.02.1010)をリリースした。すべてのアップデートは、以下の通り。

  • D-Cinelike使用時に10ビットビデオ録画を追加しました。
  • HDR録画の追加(4K30まで)、D-Cinelike 10bitは不可。
  • RockSteady+の追加(より多くの画像を切り取ります)
  • Dシネライクを使用しない場合)全体的に動画の画質が良くなります。

アップデートは待ち遠しいが、カメラテスターとしての仕事が楽になるとは限らない。なぜメーカーは、最初に完全に機能する製品をリリースするのではなく、新製品をリリースした後に広範なユーザーのフィードバックを待ってファームウェアアップデートを実施するのか、私には理解できない。

これらのカメラへの投資を検討されている方のために、以下の使用例でHERO11とAction 3の主な違いを実証し、判断の助けになれば幸いだ。

  • V-ロギング – 主にオーディオ機能(すべてのアクションカムの伝統的なアキレス腱)をテスト。
  • マウンテンバイク – チェストハーネス(チェスティ)とその他のマウントオプションを使用。
  • ウィンドサーフィン – チェストハーネスとセイルのブームにカムを取り付けた。
  • シュノーケリング – 主に自撮り棒と静止画の配置を使用

ビデオロギング。GoPro HERO11とDJI Osmo Action 3との比較

V-Loggingに使用するカメラを探す場合、良好な音質が必須だ。さらに、手ぶれ補正やしっかりとした自動露出も必要となる。過去には、音質は一般的にすべてのアクションカムのアキレス腱であり、特に当時は、追加の防水エンクロージャが必要だった。

現在では、DJI Action 3で水深16メートル、HERO11で水深10メートルを超えない限り、どちらのカメラにもエンクロージャーは必要ない。このことは、オーディオの改善に大いに役立ち、これらのカメラからのオーディオは非常に有用であることを認めざるを得ない。もちろん、風が強いときなど、限界はあるが、上のビデオを参考にしていただきたい。

それでも、Vログの点で両カメラを比較すると、音声が全体的にクリアなので、DJI Action 3が明らかに勝っている。ただし、露出補正を-0.3ストップに設定しないと、DJIの自動露出は私の好みからすると少し明るすぎるため、顔のハイライトがオーバーになる危険性がある。

DJI Osmo Action 3 exposure compensation menu: my preference is -0.3 stops. Image credit: CineD

また、DJIではD-Cinelike、GoProではProtuneを使用することをお勧めする。これらの設定は、色をフラットにし、コントラストを抑えた画像を提供するので、ポストでもう少し余裕を持たせることができ、特に現在、D-Cinelikeは10ビットビデオになっている。

マウンテンバイク GoPro HERO11とDJI Osmo Action 3の比較

マウンテンバイクで撮影したことがある人なら、ホワイトバランスと露出が、直接光が差し込む開けた場所から密集した森の風景に行くにつれて急速に変化するため、光の状況が厄介であることをご存じだろう。この場合、スムーズな移行が必要であり、そうでなければ、目障りになってしまう。

DJI Action 3 – The exposure situation can be very tricky sometimes when mountain biking. Image credit: CineD

残念ながら、DJI Action 3は、露出とホワイトバランスの急激な変化に難がある。しかし、最近のファームウェアアップデート(私がレビューを撮影し終わった後にリリースされたもの)は改善されている。HERO11の場合は、これらの変化に対してより穏やかだ。

マウンテンバイクで注目すべきもうひとつの点は、揺るぎない手ぶれ補正だ。また、カメラをマウントするためにチェストハーネス(=チェスト)を装着したり、自撮り棒を使ったりすると、適切にフレーミングするのがかなり難しくなることがよくある。そこで、ほとんどのアクションカメラメーカーが、4×3センサーの読み出しモードを提供している。

その点、GoPro HERO11は、ポストで16×9にリフレーミングするための多くのオプションを可能にする8×7モードを提供していることが特筆できる。

GoPro HERO11 8×7 sensor readout mode – very convenient to reframe in post. Image credit: CineD

手ぶれ補正はどちらのカメラでも素晴らしく、大きな違いは感じられなかった。最も困難な地形でのサイクリングでも、十分な明るさがあれば、良いショットを撮ることができる。しかし、暗くなり始めると、より遅いシャッタースピードが必要となり、状況は悪化する。

GoPro HERO11 in an ideal scenario. Still, compression artifacts are evident in the darker areas. Image credit: CineD

DJI Action 3は、16×9で約90Mビット/秒、4:3モードで110Mビット/秒だが、GoPro HERO11は120Mビット/秒に設定できる(メニューでビットレートを「高」に設定)。これはかなり高い値だが、残念ながらまだ十分ではなく、どちらのカメラも画像の暗い部分で激しい圧縮アーチファクトが見られる(上の画像を拡大してみてください)。今後のファームウェアのアップデートで、よりきれいな結果を得るために200Mbit/sまでカスタム設定できるようになることを切に願う。

全体として、また8×7モードにより、GoPro HERO11がこの使用例で勝っている。

ウィンドサーフィン

サーフボードには限られたスペースとわずかな取り付けオプションしかないため、ウィンドサーフィンには、他の多くの使用例よりもさらに広い画角を持つレンズが必要となる。

On the board – captured on the DJI Action 3. No, I didn’t push the colors – no filter needed. Image credit: CineD

そこで、DJI Action 3カメラをセイルのブームに取り付け、HERO11を取り付けたチェストを装着した。ここで、DJIの広い画角が非常に役に立った。

Boom mounted DJI Action 3 – the ultra-wide angle is super helpful. Image credit: CineD

チェストでは、センサー全体を16×9の画像に押し込むHERO11のスーパービューを使うことで、ボードを含めたフレーミングも実現できる。これは特定の状況では有効だが、もちろん、ご覧のように画像は大きく歪んでいる。

Superview on the GoPro HERO11. Squeezing the whole sensor into a 16×9 image. Image credit: CineD

全体として、どちらのカメラも驚くほどよく機能している。手ぶれ補正、色だけでなく、どちらも汚れをはじくレンズカバーも含めて優秀だ。海水の水滴はレンズに当たるとすぐに消えてしまう。

どちらを選ぶか難しいがが、強いて言えば、スーパービューはGoProをわずかに凌駕している。

水中でのシュノーケリング

水中に入ると、突然、状況が大きく変わる。例えば超広角レンズの設定は、水とレンズの屈折率によってフレームの端が歪んでしまうため、良くない。DJIは実際にメニューでこのことに触れている。

“Use wide angle underwater” – sweet! Image credit: CineD

もう一つは、サンゴは固定されているのに自分と魚は流れの中で動いているので、手ぶれ補正がうまく働かないことだが、これを克服するには視野を狭くすることが有効となる。さらに、60コマ/秒で撮影し、ポストで映像をスローダウンさせると、より静かでリラックスした雰囲気になることがわかった。また、深くなればなるほど太陽光の赤色成分がフィルターにかかるので、ホワイトバランスは超難関だ。

DJI Action 3 – The deeper you are, the bluer it is. Image credit: CineD

DJIはウェブサイトで、Action 3のホワイトバランスセンサーが水中の状況を認識し、それに応じて色を調整すると謳っている。

それが事実かどうかは分からないが、理由はどうであれ、見た目はおかしい。

Skin colors are lost underwater with the DJI Action 3. GoPro’s HERO11 behaves better. Image credit: CineD

水中での両カメラの色の結果を比較すると、DJIの画像は非常に青っぽく、GoPro HERO11の方が良い結果と私は思う。

とはいえ、これは微妙な違いだ。DJIで撮影した結果をもう一つ紹介する。

DJI Action 3. Image credit: CineD

DJIの録画ボタンは非常に堅い感触で、カメラが録画しているかどうかが分かりにくいことがある(おそらく、ケースなしのGoProの10mに対して16mまで防水であることが原因と思われる)。

The DJI magnetic quick release – very useful! Image credit: CineD

特筆すべきは、DJIのマグネット式クイックリリース機構だ。マグネット式クイックリリースで本当にカメラが固定されるのか少し心配だったが、ちゃんと固定された。例えばチェストハーネスにネジ止めされているにも関わらず、すぐにカメラを掴めるので非常に便利だ。

GoPro QuickアプリとDJI Mimoアプリ

ビデオで述べたように、GoPro QuickアプリとDJI Mimoアプリはどちらも多くの機能を備えているが、私にとっては次の2つの機能が最も重要だ。

  • トリミングされたクリップを携帯電話にダウンロードできること。
  • ビデオファイルからの写真撮影

GoPro Quickアプリはその両方が可能だが、Mimoアプリはトリミングしたものをダウンロードするだけで、写真のキャプチャはできない。また、DJIのProモード(マニュアル露出、Dシネライクプロファイルなどを含む)を解除するには、Mimoアプリが必要なので注意が必要。

まとめ

2ヶ月間両カメラを使用してみて、正直に言うと、どちらを購入しても間違いはないだろう。どちらも長所があり、どちらのカメラが自分のニーズに合っているかは、本当にユースケースによる。また、DJIはGoProのように10ビットビデオを撮影できるようになったことも覚えておいていただきたい。

とはいえ、私の撮影状況では、DJI Osmo Action 3よりもGoPro HERO11の方が、画像処理が少なく、ソフトで、より詳細に見えるので好ましい。

両カメラの価格を考慮すると、HERO11が89,760円、 Osmo Action 3 Standard コンボは47,300円で販売されている。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手