広告

DZOFILMがMarlin 1.6xエクスパンダーを発売

DZOFILMがMarlin 1.6xエクスパンダーを発売

DZOFILMは、ピクトルズームS35レンズとラージフォーマットセンサーとの互換性を持たせる光学アクセサリー、Marlin 1.6xエクスパンダーをリリースした。マウントは5種類(PLからE/RF/L/PL/LPL)あり、価格は1,159ドルから。

数週間前、私たちは新しいAtlas 1.4x LF Expanderについてレポートした。これは、人気のAtlas Orionアナモフィックレンズを ARRI ALEXA LF/ Mini LF, Sony VENICE 1 and 2, RED V-RAPTORなどの大判カメラに対応させるための光学部品だ。

最近、中国のレンズメーカーDZOFILMが同様の製品「Marlin 1.6xエクスパンダー」を発表した。同社の Pictorズームレンズシリーズに最適化されたこのエキスパンダーは、他のスーパー35mmレンズにも対応し、フルサイズセンサーやビスタビジョンセンサーへの対応範囲を拡大することができる。

Image credit: DZOFILM

DZOFILM Marlin 1.6x Expander:特徴

Atlas 1.4x LF ExpanderがPL-to-PLのみの設計であるのに対し、新しいDZOFILM Marlin 1.6x Expanderは5種類のオプションが用意されている。これにより、ユーザーはS35 PLマウントレンズを、ソニーE、キヤノンRF、ライカL、PL、またはLPLマウントのフルサイズまたはフルサイズより大きいセンサーを持つカメラボディに適合させることができる。

Image credit: DZOFILM

このエキスパンダーは、同社のピクトルズームレンズを念頭に設計されており、これらのレンズの焦点距離とイメージサークルの両方を1.6倍に拡張することができる。ただし、他のS35 PLマウントレンズとの互換性をテストするために、Marlin Adapter Clearance Checkツールをダウンロードすることができる。

Image credit: DZOFILM

同社によると、Marlin 1.6x Expanderはシミングを必要とせず、優れた画像性能を提供し、画質を妨げないとのこと。ただし、このエキスパンダーを使用すると、約1.5段分の光量が失われるとのことだ。

Image credit: DZOFILM

各アダプターは、頑丈でコンパクト、そして軽量な構造を特徴としている。取り外し可能なベースは重量のあるレンズの支えとなり、ステンレス製のマウントは安心感を与えてくれる。最も重いもので0.7kg、長さは109mm以下。 

Image credit: DZOFILM

価格と発売時期

新しいDZOFILM Marlin 1.6x Expanderは現在発売中。価格は、選択したレンズマウントによって異なる。PLからE/RF/Lへのオプションの公式小売価格は1,159ドル、PLからPL/LPLへのバージョンは1,699ドルと、より高価になっている。すべてのユニットは、7月上旬に出荷が開始される予定だ。

詳しくは、DZOFILMのウェブサイトをご覧いただきたい。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手