アップルがFinal Cut Pro Xの90日無料トライアルバージョンをリリース

2020.4.1
アップルがFinal Cut Pro Xの90日無料トライアルバージョンをリリース

アップルはFinal Cut Pro Xの無料トライアルを90日間に延長した。 FCPXを学ぶ絶好の機会だ。

Image credit: Richard Lackey

優れたNLEは多くあり、それぞれ好みのものを使っているし、複数のNLEを使用しているユーザーも少なくない。 Final Cut Pro Xも優れたNLEの一つだが、現在90日間の無料試用版をダウンロードできる。

ただしFinal Cut Pro Xには、人気が上下した時代が過去に何度かあった。現在は人気が再び上昇している。 FCPXは間違いなく知っておいて損は無いNLEであり、編集者はそれを武器にできる。Mac対応のNLEとしては、右に出るものは無いだろう。

Final Cut Pro Xのトライアルバージョン

Final Cut Pro Xのトライアルバージョンでは、メディア管理、編集、タイトル付け、モーショングラフィックス、カラーグレーディングなど全ての編集機能を備えている。トライアルバージョンは、90日間全ての機能を使用できる。

FCPXは高度なタイムライン機能と、マルチカム編集を含む革新的な機能を備えている。メディアにタグを付け、簡単に検索できるようにもできる。

Image credit: Richard Lackey

また2Dや3Dタイトルも作成でき、高度なカラーグレーディングも可能。

更に360ステレオビデオツールセットと、VRタイトル設定やVRヘッドセット再生にも対応している。

無料トライアルバージョンは、こちらから無料でダウンロードできる。(日本語サイト)

広告

Leave a Reply

avatar
フィルター
全て
ソート
most voted
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
most voted

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

mode_comment0