広告

FreeflyがSystems Ember S5K カメラを発表 – 5K  600fps

FreeflyがSystems Ember S5K カメラを発表 - 5K  600fps

フリーフライシステムズは、2台目のスローモーションカメラ、Ember S5Kを発表した。このコンパクトカメラは、Super35イメージセンサーを搭載し、5K解像度、最大600fps、4K解像度、最大800fpsの映像を撮影することができる。さらに、4TBの内蔵SSDを搭載し、RAMによるクリップ制限のない高速連続撮影が可能だ。

Freefly Systemsは、2013年4月に世界初の3軸デジタルハンドヘルドスタビライザー:MōVI M10を開発したことで知られている。その後、同社は MōVI M15、MōVI XL、MōVI Proなどのジンバルをリリースし、より重いカメラパッケージを搭載できるようになった。最近では、Freefly SystemsはALTA ProやAstroなどのハイエンドドローンをリリースしている。

2020年10月、Freefly Systemsは同社初のコンパクトな高速度カメラ「Wave」をリリースし、非常に「お手頃」な価格によりすぐに完売した。確かに、Vision Research社のPhantomなど各社の高速シネマカメラは、非常に高価なため、通常はレンタル専用機となっている。しかし、Freefly Systemsは、コンテンツ制作者が低価格のスローモーション撮影ができるツールの市場に目をつけた。そこで、2年後、同社は、2台目の高速シネマカメラ、Ember S5Kを発表した。

Freefly Systems Ember S5Kのカメラ本体

Ember S5Kは、10 x 10.4 x 8.6cm、重量820gと比較的コンパクトな小型カメラだ。イメージとしては、Ember S5KはRED Komodoと似たような外観を持っている。

Image credit: Freefly Systems

カメラの前面には、ポジティブロック機構を備えたソニーEマウントが搭載されている。残念ながら、レンズマウントに電子回路がないため、ソニーEマウントレンズのオートフォーカスや絞り制御の恩恵を受けることはできない。しかし、EマウントのPL/EFレンズアダプターは使用できるが、キヤノンRFはフランジの深さが合わないので使用できない。最後に、キッパータイのレンズマウントを使用することで、リアレンズフィルターの恩恵を受けることができる。

Image credit: Freefly Systems

Ember S5K にはステータス表示やスクリーンは内蔵されておらず、オン/オフスイッチ、録画ボタン、メニューボタン、メニュー内を移動するスクロールホイール、そしていくつかの IO ポートがあるだけの箱となっている。

Image credit: Freefly Systems

入出力ポート

カメラの前面には、3.5mmヘッドホンジャックと3.5mmマイク入力がある。ただし、Freefly Systemsはこのカメラは音声を記録しないと述べている。

カメラの背面には、以下のものがある。

  • RJ45イーサネットポート×1
  • 最大解像度1080p30のHDMI出力×1
  • ファームウェアアップデートとデータ転送用のUSB-C 3.2 Gen1x1ポート
  • CAN電源入力付き4ピンモレックスマイクロフィット。カメラは12~26Vの電圧を取ることができる。録画時の最大消費電力は40W。
  • WiFi 5を内蔵し、iOS用アプリ「Ember」に対応
  • スタート/ストップ/シンク用の6ピンJST GHポート

さすがにSDI出力端子はないので、ちょっとわかりにくい。また、記録メディアポートも見当たらない。

Image credit: Freefly Systems

記録メディアとフレームレート

Ember S5Kは、内蔵の4TB NVMe SSDに内部記録する。このドライブは自分でアップグレード/交換できるが、これはすぐにできるものではない。内部の記録メディアがなくなったら、撮影を中止して、映像をコンピューターにオフロードする必要がある。

Freefly Systemsによると、内蔵の4TB NVMe SSDで最大36分の5K600p映像、45分の4K800p映像が撮影できるとのこと。

Image credit: Freefly Systems

上記は、撮影できるすべての記録解像度とフレームレート。Ember S5KはApple ProRes 10-bitコーデックでのみ映像を記録し、それを変更することはできない。ご覧の通り、アスペクト比2.37:1の4Kで撮影すると、最大で毎秒1011フレームに達することができ、これは非常に素晴らしいことだ

Image credit: Freefly Systems

イメージセンサー

Freefly Systems Ember S5Kは、23.04mm x 18.43mmの21MP 5K Super35イメージセンサーを搭載している。さらに、このカメラはグローバルシャッターを搭載しているので、ゼリー効果の問題は発生しない。

しかし、このイメージセンサーの最大の欠点は、ネイティブ感度が300ISOしかないことだ。従って、室内で撮影するつもりなら、明るいレンズと大量の光を用意したほうが良いだろう。

Image credit: Freefly Systems

Ember S5Kのアクセサリー

Freefly SystemsはEmber S5K用に、NATOレール、モニターマウント、MagSafeマルチスレッドマウント、D-Tapケーブル、サイドハンドル、チーズプレートなど複数のアクセサリーも発表している。

Image credit: Freefly Systems

価格と発売時期

Freefly Systemsは、Emberの最初の出荷分を既存のWaveの顧客向けに予約しており、同社に連絡して注文、割引、下取りを受けることができる。最初の200台の発売カラーはオリーブグリーン。最初のカメラは2023年3月に出荷され、定価は17,995ドルとされている。

詳しくは、こちらのFreefly Systemsのウェブサイトをご覧ください。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手