Freeflyが新Astro ドローンプラットフォームを発表

Freeflyが新Astro ドローンプラットフォームを発表

ドローンのメーカーでもあるFreeflySystemsは、プロ向けのドローンの主力製品であるALTAラインを補完する新しいドローンプラットフォームAstroを発表した。

Freefly Systemsは、Mōviジンバルでよく知られているが、同社はプロのドローンをMōvi以前から作っている。実際のところ、ジンバルはドローン開発の副産物のようなものだった。ドローン本体から切り離して、カメラマウントを再設計したのがジンバルだ。

Freeflyのドローンは、ハイエンドのプロ仕様で、より大規模な制作や地図製作、検査、捜索、救助といった産業用途にも対応している。またFreeflyは一般消費者向け製品にも挑戦してきた。

Astroドローンプラットフォーム

Astroは、堅牢なミッドレンジの商用クワッドコプタードローンプラットフォームだ。これは主に、建物や構造物の検査、ファーストレスポンダーアプリケーション(消防用の赤外線イメージングなど)、測量など、映画制作以外の産業用途を対象としている。

ただし、60メガピクセルのソニーα7R IVをドローンに搭載するのは、独立系の映画制作だけでなく、映画のアプリケーションにとっても興味深いものだ。 Astro用に開発されたジンバルはクイックリリースを備えているため、ペイロードを簡単に変更することができる。

Astroは、LTEクラウド接続、Linuxベースのオンボードコンピューター、およびRTK(Real-Time Kinematic —ドローンのセンチメートル精度のGNSS測位)を備えており、Auterion Air、Ground、CloudSDKを介した統合が可能だ。

Freeflyは、ケースからフライトまでのセットアップ時間は2分未満と述べている。ドローン本体は折りたためるため、大きめのバックパックに収まる。

飛行時間は、もちろん荷重、周囲温度、その他の要因によるが、約30分とされている。

価格と発売時期

機体のみの基本価格は7,995ドル。ベースキット($ 9,995)には、バッテリー1組、ハードケース、充電器、リモコンが含まれている。 14,995ドルで、ベースキットとα7RIVカメラをともに入手できる。

将来、カメラメーカーが制御プロトコルを公開すれば、映像撮影により適したサポートが提供される可能性がある。

先日Freeflyからリリースされた新しい「Wave」35mm高速度カメラは、今年の第4四半期に出荷され、Astroに対応している。

Sony a7R IV on the integrated Astro gimbal. Image Credit: Freefly Systems
Sony a7R IV on the integrated Astro gimbal. Image Credit: Freefly Systems

ドローンは現在予約可能。Astroの出荷が開始されると、オーダー順に発送される。

Astroの詳細はFreeflySystemのウェブサイトで確認できる。

なお、国や場所によっては、ドローンの飛行が制限されている場合があるので、使用には十分注意が必要だ。

 

関連商品




Freefly Filmmaker Kit 映画シネマ ロボット スタビライザー iPhones & スマートフォン用 自由な映画パーカ アクセサリーマウント ロードオンカメラマイク 3.5mm TRSからTRRSパッチケーブルなどに

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する