Garmin VIRB360 - 5.7K 360°アクションカメラ

Garmin VIRB360 - 5.7K 360°アクションカメラ

アウトドアやスポーツ用品メーカーのガーミン(Garmin)が、360°のビデオカメラを発表した。新しい Garmin VIRB 360は、非常に魅力的な機能を備えた軽量で堅牢な360アクションカムで、価格的にも手頃だ。

Garmin VIRB 360は最大5.7K / 30pのビデオ撮影が可能で、この解像度が Garmin VIRB 360の特徴のひとつだ。NAB 2017で発表された5.2K GoPro Fusionのライバルになるだろう。 GoPro 360はまだ正式に発表されたものではないので詳細は分からないが、 GoProのカメラでは2つのビデオストリームはそれぞれ60Mbpsで記録されるため、この点においてはGarminは一歩譲っている。

Garmin VIRB 360

Garmin VIRB 360は、4Kの2系統の映像をカメラ内でステッチングすることができるが、更に高解像度の場合は、ポストプロダクションでステッチング処理が必要になる。このカメラのレンズは、強化ガラス光学系を特徴としており、この光学系はツール無しで簡単に交換することができる。

音声に関しては、 Garmin VIRB 360には4つのマイクがあり、臨場感のある360°の音声を収録できる。さらに、Bluetoothマイクロフォンなど、Garminの他のアクセサリーと互換性がある。

160gのカメラの本体にはG-Metrixセンサーが収納されており、GPS / GLONASS、加速度計、気圧計、ジャイロスコープ、方位の各情報をメタデータとして記録する。この情報をVIRB Mobileアプリ、あるいはVIRB Editデスクトップソフトウェアで、HUDグラフィックスでビデオに重ねることができる。この無償ソフトウェアでは、ワンクリックで4K解像度の映像をsutab、ソーシャルメディアで共有することもできる。

操作は音声コントロールでも可能で、録音開始/停止、マーカーの配置、録画モードの変更などができる。これにより、カメラを気にすることなくカヤックを漕いだり自転車に乗ることができる。 Garmin VIRB 360は最大10mの防水性を備えており、1回の充電で約1時間使用できる。もちろん、バッテリーは交換可能なので、交換してすぐに撮影を続けることができる。

Garmin VIRB 360は、799.99ドルで、6月中旬に発売予定。

GoPro Fusionの詳細が気になるが、発売は年末まで待たなければならないことから、できるだけ早く360アクションビデオの撮影を始めたいユーザーは Garmin VIRB 360の選択肢がある。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する