広告

GEPRC Cinebot30 – DJI O3 Air Unitと光るプロップガードを搭載した3インチFPVドローン発売開始

GEPRC Cinebot30 - DJI O3 Air Unitと光るプロップガードを搭載した3インチFPVドローン発売開始

GEPRC Cinebot30は、ガード付き3″プロペラ、DJI O3エアユニット、フルサイズGoProを搭載可能な減衰カメラプレートを備えた新しいFPVクアッドコプター。このドローンには4Sと6Sバージョンがあり、互換性のあるリポバッテリーパックを使用することができる。飛行時間は最大9-12分で、Cinebot30は現在520ドルから入手可能。

DJI O3 Air Unitが昨年11月に発表された後、サードパーティーのメーカーが新しい4K60対応Air Unitをベースにした独自のFPVクワッドを発表するのを目にするようになった。DJI O3のカメラレンズは、他のエアユニットの既存のカメラよりも広いので、各社は新しいボディデザインを考案するか、既存のものを調整する必要があった。最近、iFlightは249g以下の小型機「Defender 25」を発売した

2022年10月には、同じく中国のドローンメーカーGEPRCが「Cinebot30」というFPVクアッドコプターを発売している。O3エアユニットが発表された後、同社は新しいエアユニットを搭載できるようにフレームを適合させた。そのため、以下のGEPRCのプロモーションビデオでは、このドローンはまだDJI O3 Air Unitを搭載していない。

GEPRC Cinebot30

Cinebot30 FPV drone. Source: GEPRC

Cinebot30は、プロップガード付きの(T76mm)3″プロップを搭載した小型のシネフープだ。面白いのは、プロップガードの周りに細い光るLEDのストライプがあること。また、衝撃に強いPC+PET素材のおかげで、かなり頑丈にできている。

ドローンのボディは、7075アルミニウムとカーボンファイバーの組み合わせで構成されている。また、SPEEDX2 1804モーターから来る機体の高周波振動を分離する複数のTPU衝撃吸収パッド(画像では緑色)がある。その上、エアーユニットのカメラプレートにはゴム製のショックマウントがあり、映像の振動をさらに削減している。

Cinebot30 FPV drone. Source: GEPRC

Cinebot30は、GEPRCがチューニングしたGEP-F722-45A AIO v2フライトコントローラを使用している。GEPRCのこれまでのCinebotラインと同様、「プッシャー」スタイルのボディを採用しているため、モーターは下向きに搭載されている。また、GEPRCによると、ドローン本体はわずか6本のネジで簡単に分解できる。

Cinebot30 easy disassembly. Source: GEPRC

プロペラが3″と大きくなったとはいえ、ドローン全体の設置面積は180×180cmとかなり小さいので、室内での飛行も可能だ。Cinebot30の重量は、レシーバーのバージョンによって210~235g(バッテリーなし)となっている。リポバッテリーパックを装着すると、総重量は間違いなく250gを超える。

カメラ

ドローンのDJI O3 Air Unitは、内蔵の20GBストレージに最大4K 60fpsの映像をキャプチャしながら、ゴーグルに低遅延の1080p 120fpsのフィードを送信することができる。また、フラットなD-Cinelikeカラープロファイルで記録するオプションも用意されている。より詳細な情報は、O3 Air Unitに関する以前の記事で確認できる。

Cinebot30 with naked GoPro HERO8. Source: GEPRC

より高画質な映像を撮影するためにセカンダリーカメラを搭載することも可能だ。実際、GEPRCは、アップグレードされたカメラベースのおかげで、Cinebot30はフルサイズのGoPro(約153g – HERO11、バッテリー付き)を搭載できるとしている。ただし、ドローンの機敏さを維持し、より長い飛行時間を可能にするために、ネイキッドGoProを推奨している。

バッテリー、レシーバーオプション

Cinebot30はXT60H-M充電コネクタを使用し、バッテリーに関して2種類のバージョンがある。

  • 4Sバージョン – 4S(4セル)リポバッテリーを使用し、SPEEDX2 1804-3450KVモーターを使用。GEPRCは、リポ4S 1100mAh-1300mAh 120Cバッテリーを推奨している。
  • 6Sバージョン – 6S(6セル)リポバッテリーが使用可能で、SPEEDX2 1804-2450KVモーターが使用可能(より多くのレンジとパワー)。GEPRCは、リポ6S 850mAh-1100mAh 60Cバッテリーを推奨している。

一般的に6Sバッテリーは4Sより高価だが、飛行時間が長くなる。4Sより低い電流のおかげで、6Sバッテリーは通常使用中に低温に保たれ、より長い持続時間がある。GEPRCは、最大飛行時間は約9-12分と述べている(気象条件やバッテリーによる)。

Cinebot30 FPV drone. Source: GEPRC

GEPRCは、プロポに適したレシーバーを搭載してドローンを出荷する。オプションは以下の通りでPNP、FrSky R-XSR、TBS Nano RX、ELRS 2.4Gとなっている。

価格と発売時期

ドローンはGEPRCオンラインストアで購入することができ、価格は520ドルから555ドルまで、付属のレシーバーによって異なる。GEPRCは、ドローン本体と一緒に、以下のものも同梱している。HQプロップT76mm 2組、バッテリーストラップM15200mm、バッテリーストラップM15220mm、バッテリーシリコンパッド2枚、ネジセット、ドライバー、GoProカメラマウントホルダー、アンテナ固定管。

Cinebot30 box content. Source: GEPRC

バッテリー、プロポ、FPVゴーグルは付属していないため、これらをまだ持っていない場合は別途購入する必要がある。

詳しくは、こちらのGEPRCのウェブサイトをご覧ください。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する