GoPro Karmaドローンでアナモフィック撮影 ➖ Letusアダプターレンズ

2017.2.15
GoPro Karmaドローンでアナモフィック撮影 ➖ Letusアダプターレンズ

PeauProductionsGoProKarmaLetusAnamorphX-GPアダプターを装着し、アナモフィック撮影をテストしている。結果は、低歪の2.391のアスペクト・レシオ映像が撮影できたようだ。

Featured image © Peau Productions.

ドローンにアナモフィックレンズを装着して空撮するのは、レンズのコストや大きさのため、今までハイエンドプロダクションでしかできなかった。アナモフィックレンズやアダプターは、SLR Magicから発売されているもののようにDSLR用しか無かったため、一般的に大きく、 GoProサイズのものが無かったためだ。

今回のテストでは、3.37mm f/2.8 82d HFOV 16MPレンズを付けた GoPro Hero4 BlackにLetus AnamorphX-GP 1.33xアダプターを装着し、これをKarmaドローンにマウントしている。上のビデオを見ると、アナモフィックレンズで撮った映像は”シネマチック”な2.39:1の4Kで撮影されていることが分かるだろう。PeauProは3.37mmのワイドレンズなので周辺は引き伸ばした感じになっているとコメントしているが、映像は極めて低歪率で良い結果になっている。

AnamorphX-GP をノーマルの GoProに装着した映像サンプルはまだ無いが、ハウジングを装着してもしなくてもレンズにフィットするので、問題なく撮影できるだろう。

このアナモフィックアダプターにより、2.39:1の映像は GoProの通常の16:9の映像として収録されるが、ポストプロで再び引き伸ばすことにより、最終的に2.39:1の映像が得られる。

なお、以前お伝えしたように、 GoPro Karmaのリコールは記憶に新しいが、Karmaドローンは現在では出荷されており、問題は解決されているようだ。このアナモフィックアダプターはGoPtoユーザーにシネマチックな映像を撮影する新たな可能性をもたらしてくれるだろう。

フジヤエービックのショップサイト

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する