広告

GoProがKarmaドローンに参入 - 4KカメラHERO5などを搭載可能

GoProがKarmaドローンに参入 - 4KカメラHERO5などを搭載可能

フォトキナ2016GoProがドローンマーケットへの参入を発表した。4K対応のHERO5Hero Session 5などに対応する。

ここ数カ月、GoProから新製品の音沙汰が無かった。GoProと言えば、言うまでもなくスポーツカメラ分野のパイオニアだが、最近ではDJIやソニーの台頭を許している。JDIは独自でドローンやスタビライザー用のカメラを用意し、ソニーはアクションカムでスポーツカメラ自体のシェアを伸ばしている。

しかし、ここに来てGoProの反撃が始まった。一新した小型カメラHero5などの発表に加え、ドローンマーケットに進出したのだ。

GoPro HERO 5

gopro5

新しくなったHero5は、全く新規に開発されており、多くの新機能を搭載している。Hero5は12メガピクセルのイメージャーを持ち、4K/30fps、1140p/80fps、1080p/120fpsで撮影できる。新しいGoProは水中ハウジングが不要。本体自体が10mの防水性能を持っているのだ。内蔵の手振れ補正機能、Wifi、Bluetooth、位置情報、音声コントロール(7言語)、そしてGoProクラウドへのオートアップロードなど多くの機能を装備している。2インチのタッチスクリーンパネルはシンプルなメニューで分かりやすい。更に、RAWとWDRフォトが標準装備されている。

  • 音声コントロール
  • 水中ハウジングは不要
  • 外部マイク機能
  • ハードウエア手振れ補正機能
  • クラウドへの自動アップロード機能

価格は$399。(海外)

GoPro Session 5

gopro5session

Hero Sessin 5は更に小型のカメラだ。10メガピクセルのセンサーを持ち、4K/30fps、1440p/80fps、1080p/90fpsで収録可能。また、手振れ補正機能を持ち、音声コントロールも可能。更に10mまでの防水機能も持っている。

  • 音声コントロール
  • 4Kビデオ
  • 1ボタンコントロール
  • Wifi経由で、スマートフォンでモニタ可能

価格は$299。(海外)

GoPro Karma

GoProオリジナルのドローン。折り畳むと極めて小さくなり、バッグに収納できるのが優位点。ジンバルも付属しており、GoPro Hero5を搭載できる。

gopro-karma-drone-featured

karma-1

GoPro Karma Announced by Nick Woodman, CEO of GoPro

karma-2

Karma is so much more than a drone – Nick Woodman, CEO of GoPro

10月23日発売で、価格は$799.Hero5が同梱されているパッケージは$1,099、Hero5 Sessinが同梱されているパッケージは$999。(海外)

GoPro Karma Grip

gopro-grip

GoPro Karma GripはDJIのOsmoのようなジンバルスタビライザーで、カメラはGoPro Hero5を使用する。従来のGoPro装着アクセサリーが使えるので、現在持っているGoProをスタビライザーに付けて使用できる。単独でも販売されるが、Karmaドローンに同梱される。

GoPro PlusQuik App Editing Software

quikapp

GoProは新たに独自のクラウドサービスを開始し、GoProカメラから直接、自動アップロードができるようになる。

操作はiPhoneにマイクロSDカードを挿入して行い、Quik Keyで簡単に操作できる。映像はスマートフォンやタブレットにダウンロードされ、好みのBGMを選んで数回クリックすると、Quikアプリが勝手に編集してくれる。

クラウドサービスの費用は未定。

GoProのWebサイトはこちら(日本語)

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する