グラスバレーがEDIUS Xをリリース

2020.9.25
グラスバレーがEDIUS Xをリリース

カナダに拠点を置くメーカーグラスバレーは、Windows専用のノンリニア編集ソフトウェアEDIUS(現在はEDIUS X)の最新バージョンをリリースした。

EDIUSは20年近く、主に放送業界で使用されているが、企業、政府、および個人の映像クリエーターも使用している。グラスバレーはこのほど、EDIUS Xの最新バージョン10.0をリリースした。

EDIUS X, image credit Grass valley

新機能

EDIUSはトランスコーディングなしでほとんどすべてのコーデックを編集できることで知られており、これは、放送業界で人気がある理由でもある。今回のバージョンアップで、他の多くのNLEにもある多くの必要な機能を追加した。以下は同社のプロモーション資料を参照している。

Motion tracked labels are now possible with EDIUS X. Image: Grass valley

バックグラウンドレンダリング:EDIUS Xは、レンダリングのために編集を中断する必要なない。これにより、ワークフローがスムーズでクリエイティブになり、中断することなく作業を進められる。

バックグラウンドエクスポート:新しいバックグラウンドレンダリングエンジンは、ファイルのエクスポートにも対応する。エクスポート中に作業を中断する必要はない。

GVジョブモニター:EDIUS Xは、すべてのバックグラウンドアクティビティに関する情報を常に提供し、必要に応じてジョブに優先順位を付けることができる。

VSTプラグインのサポート:EDIUS XはVSTプラグインのサポートを拡大する。これには、レイテンシプラグインのサポートと強力なWaveShell統合が含まれる。

追跡モードのモーショントラッカー:EDIUS Xでは、追跡対象のオブジェクトにラベル、アニメーション、またはビデオクリップを簡単に添付できる。

アンカーモードのモーショントラッカー:追跡対象のオブジェクトを参照して、画像を自動的にリフレームする。これは、アスペクト比の変換や仮想マルチカメラショットに最適。

H.265エクスポート: NVIDIA GPUサポートを利用して、エクスポートレンダリング時間を短縮する。これは、新しいバックグラウンドレンダリングオプションでも使用できる。

GUIカラー:EDIUS Xは、洗練されたGUIを搭載し、新しいルックで編集がさらに快適になる。

最適化されたパフォーマンス:EDIUS XはWindows 10で動作し、高度なテクノロジーを使用。これには、Intel QuickSyncによって提供されるハードウェアアクセラレーションと幅広いGPUサポートが含まれる。新しいモジュラー設計により、マルチコアCPUの可能性をこれまで以上に効率的に活用できる。

最適化されたオーディオ同期パフォーマンス:EDIUS Xは、プロジェクトがスムーズなマルチカムエクスペリエンスを実現するために必要な数のクリップを揃えるために、さらに高速な自動オーディオ同期機能を提供する。

最新のカメラとコーデックのネイティブサポート:EDIUS Xは、他のNLEとは異なり、最新のコーデックとカメラリリースをネイティブでサポートしており、トランスコードする必要がない。

継続的な継続的開発:EDIUS Xは、創造的なツールセットの拡大を続ける。 EDIUS Xユーザーは、EDIUS Xのライフサイクル全体を通じて無料でダウンロードできるすべてのEDIUS 10.xアップデートを利用できる。

内容物

EDIUS Xには、オーディオ、タイトル作成、ビデオエフェクトを最適化するための3つのモジュールがバンドルされている。

  • オーディオの最適化:EDIUS Xには、Acon DigitalのEDIUSエディション(Compress EE、DeNoise EE、DeVerberate EE、およびLimit EE)がバンドルされている。
  • プロのタイトル:EDIUS Xは、拡張テンプレートパッケージを含む特別なEDIUS XカスタマイズバージョンでNewBlue Titler Pro 7を備えている。
  • ビデオエフェクトとシームレストランジション:EDIUS Xは、100以上のシームレストランジションを含むproDAD Vitascene V4 EDIUSエディションを備えている。プリセットをカスタマイズが可能。

グラスバレーは、EDIUS Xのアップグレードにより、機械学習などの新しいテクノロジーが利用可能になったと述べている。

継続的な開発

EDIUS Xのユーザーは、すべてのEDIUS 10.xアップデートを無料でダウンロードできる。計画されている無料アップデートには以下が含まれる。

  • チームワーク編集—コンテンツとプロジェクトの共有。
  • クラウドを利用した拡張ワークフロー。
  • メタデータのインテリジェント処理。
  • オーディオおよびビデオクリップの診断と自動一括最適化。
  • サードパーティ開発者向けSDKおよびRest-APIの拡張。
EDIUS X, image credit Grass Valley

EDIUS Xは現在、ネットワークで購入できる。アップデートソフトウェアは9月25日にリリースされる予定。

開発者向けWebサイトはこちら

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する