Hudson SpiderのRedbackとMozzie LEDライトレビュー

Hudson SpiderのRedbackとMozzie LEDライトレビュー

カリフォルニア州に拠点を置くHudson Spiderは、ユニークなクモのようなデザインの2つのLED照明器具を発売している。Cinema5Dでは2017年にIBCで新しいバイカラーのHudson Spider Redbackについてレポートしたが、それ以来、同社はMozzieと呼ばれる小さなライトや多数のアクセサリーも発表している。筆者は両方のライトを使用したので、そのレビューをレポートする。

Redback on the left and Mozzie on the right. Image Credit: Graham Sheldon

価格

Hudson Spider Redbackは「基本キット」で6,290ドルだ。Hudson SpiderのWebサイトから購入することができる。以前はキットではなくバラ売りで安価に購入することもできたが、現時点ではキットのみの販売となっている。多くの場合レンタル用として扱われている。なお、このライトはRGBライトではない。実際、多くの場合タングステンかデイライト、またはその中間で使用することがほとんどで、RGBライトの機能はあまり使っていないことが多いので、この仕様は理解できる。

また、新しいHudson Spider Mozzieのキットは、3,615ドル。Redbackよりも安価だが、それでもバイカラーライトだ。 Mozzie(オーストラリアの蚊の俗語)は基本的に同じデザインだがはるかに小さく、バッテリーで充電でき、簡単に持ち運びできる。

Image of the center of the Redback with parabolic backing attached. Image Credit: Graham Sheldon

光質

被写体に直接ライトを向けないというのは常識だが、Hudson Spider Redbackは、いかなる種類のモディファイアーも使用せずに優れた光品質を実現することが分かった。多くの状況(特に屋外)で、Cスタンドにライトを取り付け、被写体に当たるライトの形を整えることができた。

Hudson SpiderはRedbackをソフトな光質としてアピールしているが、これは間違いない。インテリアの美しさやファッションの撮影では、このライトをキーにすれば間違いないだろう。RedbackをWestcottの傘にバウンスすると、特に美しく柔らかいキーライトになる。しかし「単一の完璧なライトはない」という古いルールは生きている。

筆者は今回の撮影でほとんどの場合バッキング(下の写真)を使用したが、状況に応じて付属の布やハーフグリッドを追加した。

Image Credit: Graham Sheldon

デザイン

数回テスト撮影し、Redbackのセットアップには平均5分程度かかることが分かった。最初は理解するために学習が必要だが、同社はInstagramYouTubeビデオを用意している。最も戸惑うところは、畳んだ状態から広げる過程だ。キットには解説図が同梱されているが、少し練習する必要があるだろう。

RedbackとMozzieがLitegearとのコラボレーションで作られたことは公知の事実だ。Litegear のLitematを使用したことがあなら、RedbackとMozzie のLEDの配置からバラストまでの多くの類似点に気付くだろう。 Litegearの製品は数年間使用し、優れた内部構造を持っていることを知っていたため、Hudson Spiderの製品にも高い信頼性を確信している。 LitegearのRGB Spectrum Techが、今後Hudson Spider製品にも導入されるのを期待したい。

The mounting pin is close to the power cable. Image Credit: Graham Sheldon

個人的には、設計上2つの点に懸念がある。まず、後部ケーブルは取り付けピンに非常に近く(上図)、少し扱いに​​くい。これに対するHudson Spiderの答えは付属のハンドルだが、ほとんどの撮影ではスタンドで使用するためピンをライトに取り付ける必要があり、ハンドルを使用できない。第二に、LEDダイオードが露出している(下の画像)ので、価格を考えると扱いには少し緊張する。 LitegearがLitematで行っているように、プラスチックで保護する必要があるだろう。

The LED diodes are exposed with no plastic covering. Image Credit: Graham Sheldon

電源

Redbackはバッテリー駆動できない。今のところ、Vマウントやゴールドマウントバッテリーを使用できるのはMozzieだけとなっている。従ってRedbackは壁コンセントや発電機が無いと使用できない。

アクセサリー

撮影中は主にWestcottの傘、ディフューザーとハニカムグリッドを使用したが、Hudson Spiderは他にも次のようなアクセサリーを用意している。

  • Ball – MozzieとRedbackの両方で使用できる。これにより一般的な周辺照明が可能になる。
  • Stealth Softbox - ベーシックキットには小さなバッキングが同梱されているが、このアクセサリーは、Redbackを6フィートの大きなソフトソースする。
  • Gel Set – 199ドルで、1/2 Plusグリーン、フルCTO、フルCTB、さらに8種類のジェルセット。
  • 12チャンネルDMXコントローラー – MozzieとRedbackと互換性のある12チャンネルワイヤレスDMXコントローラー。

The Redback (pictured on left) gives plenty of punch during exteriors depending on the weather. Image Credit: Graham Sheldon

まとめ

Hudson Spiderは、キーライトとしての優秀性をアピールしているが、Redbackの品質と出力は本当に優れている。周囲の光のレベルをより細かコントロールできる小規模な撮影の場合、ほとんどのアプリケーション(特にインタビューやクローズアップ)にMozzieが適している。Redbackはすでに大きな写真スタジオやレンタルハウスで成功を収めており、今後が期待できる。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する