HyperDiskが1,000MB/sの小型SSDをKickstarterに登録

2019.11.25
HyperDiskが1,000MB/sの小型SSDをKickstarterに登録

HyperDiskが超高速SSDドライブをKickstarterに登録した。小型ながら容量は最大2TBで、転送速度は最大1000MB / sに達する

Image credit: hyperdisk

HyperDiskが超高速、超小型、手頃な価格のSSDをKickstarterに登録した。

最大1000MB / sの転送速度を誇り、512GB、1TB、および2TBの容量が用意されている。HyperDisk SSDは、クレジットカードサイズよりも小さく、重さはわずか45g。今日の一般的なSSDは約400MB / sなので、HyperDiskは、かなり高速だということが分かる。

HyperDiskは、3.1 Gen 2インターフェース(10 Gbps)とM.2 NVMeプロトコルを採用している。

Image credit: hyperdisk

NVMeは、従来のSSDドライブで使われているSATAのボトルネックを回避できるため、フラッシュメモリの本来の速度で動作できる。

HyperDiskにはUSBタイプCポートもあり、これでも最大速度近くになるが、USB 3 Type Aとの下位互換性も持っている。USB3 Type Aでは、最大速度は半分以下になる。

カメラの性能は年々向上しており、それに伴って転送速度や記録容量も増えつつある。ストレージもこれに対応することが求められている。

Image credit: hyperdisk

SSDは今日ではかなり一般的になり、低価格で大容量のSSDドライブが手頃な価格で入手できるようになってきた。HyperDiskのような新しい企業が最新のテクノロジーを駆使して、手頃な価格のSSDを開発してくれるのは嬉しいことだ。

現在Kickstarterでは、価格が割引になっている。 512 GB は85ドル、1 TB は118ドル、2 TB は188ドルで入手できる。

なお、クラウドファンディング関連の記事で常に記しているが、クラウドファンディングは販売店ではなく投資なので、出資する際のリスクには注意する必要がある。 Kickstarterの利用規約をお読みいただきたい。場合によっては発売が遅れたり、中止されることもある。

広告

Leave a Reply

avatar
フィルター
全て
ソート
most voted
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
most voted

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

mode_comment1