広告

Laowaが超広角中判レンズ「Laowa 19mm F/2.8 Zero-D GFX」を発売

Laowaが超広角中判レンズ「Laowa 19mm F/2.8 Zero-D GFX」を発売

Laowaは、富士フイルム GFX中判カメラ用の新しい超広角レンズ、Laowa 19mm F/2.8 Zero-D GFXをリリースした。このコンパクトで軽量なマニュアルレンズは、ゼロディストーションで110°の視野を提供し、風景や建築の撮影に理想的だ。

GFXの中判カメラ用の超広角レンズは、富士フイルムではほとんど選択肢がない。実際、現時点で最も広いレンズは富士フイルム GF 20-35mm F/4 R WRズームレンズで、価格は2,500ドルを下らない。

Laowaはすでに2つのShiftレンズ、15mm F/4.5R Zero-D Shiftと20mm F/4 Zero-D Shiftをリリースしている。しかし、シフト機能を必要としないユーザーに向け、同社はより手頃な価格でより明るい19mm F/2.8 Zero-D GFXをリリースした。

特徴

19mm F/2.8 Zero-D GFXは、わずか546gのコンパクトな80mm長のプライムレンズ。他のLaowaのレンズと同様に、この完全マニュアル超広角レンズは完全に金属の筐体となっている。

Image credit: Laowa

この19mmレンズは、GFXの中判カメラで110°の画角を実現する。さらに、Zero-Dラインの一部として、ほぼゼロに近い光学歪曲を得ることができる。これは、例えば建築物や不動産を撮影する際に、すべての直線がまっすぐなままであり、「魚眼」効果が出ないことを意味する。

Image credit: Laowa

レンズ設計

19mm F/2.8 Zero-D GFXのレンズ設計は、非球面レンズ2枚、EDガラス3枚、UHRガラス1枚の10群12枚で構成されている。

このレンズは最短撮影距離がわずか18cmと非常に短いのが特徴。さらに、5枚羽根の絞りは10点サンスターを演出してくれる。最後に、この19mm F/2.8 Zero-D GFXは取り外し可能なサンフード、77mmフロントフィルターねじを装備している。

価格と発売時期

Laowa 19mm F/2.8 Zero-D GFXは、現在999ドルで入手可能。

より詳細な情報は、こちらのLaowaのウェブサイトをご覧ください。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手