広告

Laowaがフルサイズミラーレスカメラ用小型ズームレンズ「Laowa 12-24mm F5.6」を発売

Laowaがフルサイズミラーレスカメラ用小型ズームレンズ「Laowa 12-24mm F5.6」を発売

Venus Opticsは、フルサイズカメラ用の新しい広角ズームレンズ「Laowa 12-24mm F5.6」を発表した。レンズマウントはRF/E/Z/Mの4種類で、画角84-121.9°、開放F値5.6、マニュアルフォーカス、最短撮影距離15cm/5.9 “を実現している。現在、649ドルから販売中。

Laowa(ヴィーナス・オプティクス)は、人気のプローブレンズで成功を収めているが、その他にも多くの優れたレンズを生産している。最近では、同社はフルサイズカメラ用の新しい90mm F2.8 2x Ultra Macro APOレンズを発売している。

そして今回、同じフォーマットのコンパクトな広角ズームレンズ、Laowa 12-24mm F5.6を発売した。ポケットサイズの軽量設計で、価格も魅力的だ。

Laowa 12-24mm F5.6:広角フルサイズズーム

新しいLaowa 12-24mm F5.6は、フルサイズミラーレスカメラ用に設計された広角のマニュアルフォーカス専用ズームレンズだ。このレンズは現在、キヤノンRF、ソニーE、ニコンZ、ライカMの4つのレンズマウントから選択できる。

Image credit: Venus Optics

画角は84~121.9°の間で可変だが、F5.6の絞りはズームレンジで一定。絞りは5枚羽根で、絞り込むと10点サンスター効果になる。

Image credit: Venus Optics

この新しい12-24mmは、最短撮影距離が15cmと短く、近接撮影が可能。そのため、非常に特異な視点でクローズアップ撮影を行うことができる。さらに、このレンズには77mmのフロントフィルターを使用できるアダプターリングが付属しており、短いレンズフードとして機能させることができる。

Image credit: Venus Optics

サイズ、重量、光学設計

このズームレンズは、NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sのような市場の他のオプションほど明るくはないが、そのコンパクトな設計が光る。レンズマウントにより、鏡筒長は84mm(ライカM)から95.6mm(ニコンZ)となっている。さらに、レンズの重量は497gと軽量だ。

Image credit: Venus Optics

内部ズームは11群15枚で構成されている。非球面レンズ2枚、ED(超低分散)レンズ3枚を含み、光学収差や色収差の低減に役立つ。ラオワのZero-Dシリーズほどではないが、歪曲収差は抑えられている。最後に、同社の「Frog-Eye」コーティング(FEC)技術は、耐水性と耐埃性がある。

Image credit: Venus Optics

主な特徴

  • フルサイズカメラ用12-24mm F5.6
  • RF/E/Z/Mレンズマウントのオプション
  • 視野角:84°~121.9°(フルサイズ用)
  • 11群15枚
  • 絞り羽根:5枚
  • クローズフォーカス:15cm
  • マニュアルフォーカス
  • 77mmフィルターネジ(リングアダプター経由)
  • ø69.4mmx84mm (ライカM)
  • 497g
Image credit: Venus Optics

価格と発売時期

Laowa 12-24mm F5.6は、同社のウェブサイトから購入することができる。すべてのマウントオプションは、高価なMマウントバージョン(699ドル)を除いて、649ドルで統一されている。レンズには、フロントキャップ、リアキャップ、アダプターリングが同梱されている。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手