広告

Laowaがミラーレス一眼カメラ用レンズ「 90mm F2.8 2x Ultra Macro APO」を発表

Laowaがミラーレス一眼カメラ用レンズ「 90mm F2.8 2x Ultra Macro APO」を発表

新しいLaowa 90mm F2.8 2x Ultra Macro APOレンズは、2:1の倍率と無限遠に焦点を合わせ、比較的コンパクトなサイズ(74x120mm)で、619gという軽量さを兼ね備えている。フルサイズミラーレスカメラ用に設計され、ソニーE、ニコンZ、ライカL、キヤノンRFの4種類のマウントに対応し、価格は499ドルだ。

中国のレンズメーカーVenus Opticsは、すでに多くのマクロレンズをラインアップしており、15mmから100mmまで、さまざまなニーズと目的に合わせて設計されている。最近、同社は人気のあるプローブレンズの新バージョン、24mm T14 Periprobeを発表した。(レビューはこちら

ヴィーナスオプティクスは今回、新しいマクロレンズ、Laowa 90mm F2.8 2x Ultra Macro APOを発表した。

Laowa 90mm F2.8 2x Ultra Macro APOレンズ

この新しいマクロレンズは、フルサイズミラーレスカメラのために特別に設計され、小型軽量、明るく2:1の倍率を兼ね備えている。90mmマクロレンズは無限遠にフォーカスを合わせることができるので、ポートレートや風景写真にも使用できる。ソニーE、ニコンZ、ライカL、キヤノンRFの4つのレンズマウントに対応する予定。重量は619g、レンズの直径は74mm、長さは120mmとなっている。

Laowa 90mm 2x macro lens. Source: Venus Optics

焦点距離90mmは、フルサイズセンサーで27°の画角となる。フルマニュアルレンズで、インターナルフォーカスを採用しているため、フォーカスを変えても長さが変わらない。また、レンズ内へのゴミの侵入を防ぐことができる。レンズの前面フィルターネジは67mm。

Laowa 90mm 2x macro lens. Source: Venus Optics

このレンズの光学APO設計に関しては、3枚の超低分散(ED)レンズを含む10群13枚のレンズ構成で、絞り範囲全体で色収差、パープルフリンジ、ゴーストを抑制する。絞りは13枚羽根で、F2.8からF22の間で可変。最短撮影距離は205mmとなっている。

Laowa 90mm 2x macro-sample image. Credit: Nicolas Reusens
Laowa 90mm 2x macro-sample image. Credit: John Hanson

価格と発売時期

Laowa 90mm F2.8 2x Ultra Macro APOレンズは現在予約受付中で、価格はソニーE、ニコンZ、ライカL、キヤノンRFのすべてのバージョンで499ドルに設定されている。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手